心の曇りが晴れるブログ

日本文化に深い関りのある『呼吸』を日常に!

2018年11月13日
7a07095b647565c1afa807cc019b98fc
こんにちは!H.M.A.の石原です^^
先日川越の歴史博物館という所に行って参りました♪
そこでは実際に当時の【本物の刀】に触れさせて貰えるのですが、本当に息を呑むような美しさで数百年の時を超えて、作り手の魂を感じました…!

さて、日本には茶道、華道、剣道、柔道、書道などなど…『道』が付く文化がございます。
道が付くようになったのは実際は明治以降のお話ですが、そちらは一旦わきにおいておきまして、、、

最近思うのですが、『道』が付く日本文化はいずれも、『呼吸』が深く関わっているように思います。
道を究めるには技術だけではなく、それを用いる精神性、所作、情緒を含めるものと私は考えておりますが、それは感情のコントロールを『呼吸』で行って、頭で考えるだけでなく技を自分の細胞にまで浸透させて(それにリズム(呼吸)を用いて)、その上でその場の空気(場)をも含める事ではないかな…と思います。
私は合理的な論理的思考を好みますが、それとは別に、【人の心を癒し育てる】のはそういった情緒だよな~…と最近改めて思います。
そこに深く関わる『呼吸』をもっと丁寧に行いたいものです^^

日本語はとても良い言葉が多く『息を合わせる』なんて言葉もありますから、論理的思考も、情緒思考もどちらかに偏らせずバランスよく併せて、よりよい方向へ向かえられればいいなぁと思います♪

道を究めるためにも『呼吸』が大切ですが、それをもっと日常に落とし込めるのが『原式瞑想&呼吸法』です!^^
ぜひこの週末に開催されます『心と体がいやされるセラピー』『瞑想&呼吸セラピー』へお越しくださいませ♪
【New☆】『心と体がいやされるセラピー』のご案内

ストレスの多い現代人。。。
 様々な情報が飛び交う情報化社会で日々電波やブルーライトを受け続け、乱れる生活。 狂う自律神経。
 乱れた自律神経が体に引き起こす慢性的な疲労、だるさ、めまい、偏頭痛、動悸、不眠、便秘、下痢、微熱、耳鳴り、手足など体の痺れ、口腔内の不快感、頻尿、残尿感、からだの火照り等、、、様々な体のトラブル。
イライラ、不安感、疎外感、孤独感、落ち込み、やる気が出ない、憂鬱、感情の起伏、焦燥感、、、精神的症状。
そんな症状を根本的に解決するスペシャルコラボセラピーがついに開催されます! 

 ※※50席限定※※

<テーマ>
●原久子先生テーマ
『自分で自分の心を癒すことができる呼吸法と瞑想』
私たちの心と体には、本来自分で癒せる力を持っています。その力は心と体の緊張を取ってリラックスし、副交感神経を助けるようにすることです。
その方法が瞑想と呼吸にあります。

●小川陽吉先生テーマ
『健康に良い究極の水とは』
「量子医学最先端」抹殺された治療法がドイツ、欧米、アジア等で復活してきている。その機器について「水」について。
健康に良い水とは一体何でしょうか。そもそも「良い水」とは何でしょうか。
私たちの生活に切り離せない、「水について」あらゆる知見からお話いたします。

<受講料>
5,000円(税込)

<日時>
11月23日(金/祝) 13:00~17:30

<持ち物>
・筆記用具
・靴下(会場は癒しの天然木の空間なので、裸足はご遠慮いただいております)
・リラックスできる格好(ストレッチや呼吸法で身体をぐにゃぐにゃにほぐしますので、腰回りを締め付けない格好でお越しください)

<会場>
貸し会場GAホール
〒 114-0014 東京都北区田端6‐9‐7


▼お申込みはこちらから♪▼
『瞑想・呼吸セラピー』&『ワンネス瞑想(OMB)』のご案内

●11月24日(土) 13:00~17:00 『瞑想・呼吸セラピー』

★原自ら改良をして、更に効果的に取り組みやすく変わりました!★

【受講料】
 一般 1回 4,860円(税込)
 フォース受講生 1回 3,780円(税込)


【お得な5枚チケット】
 一般用 16,200円 1回あたり3,240円(税込)
 フォース(真我)受講生用 13,500円 1回あたり2,700円(税込)


大変お得なチケットです。
回を重ねるごとにより呼吸法への理解も増し、フォース(真我)と繋がりやすくなり応援を受けやすくなります。ぜひご利用くださいませ。

【内 容】
・ストレッチ 
・瞑想・呼吸法の方法と実践
・各テーマ
 呼吸法テーマ「満月呼吸法」
 瞑想テーマ「運気を上げる瞑想」
 講話「瞑想と呼吸法で運気を上げられる」
・体験談話


●11月24日(土) 17:30~20:00『ワンネス瞑想(OMB)』

【受講料】 3,500円 継続受講 3,000円

【内 容】
・チャクラ瞑想
・人生をふり返る(ライフレビュー)
・目によるディクシャ
(原久子の目を通して聖なる存在のエネルギーを与える瞑想)
・シェアリング

内なる叡智(フォース/真我)と繋がり、深い瞑想が体験できます。
呼吸セラピーに続けて参加されるとより効果的です。

日本で8名しかいないワンネスメディテーターの原久子が深い瞑想状態に入り、フォース(真我、ディバイン、聖なる存在・仏性、ハイヤーセルフ)のエネルギーの導管・パイプとなり、目からそのエネルギーを参加者一人一人に直接送ります。

この瞑想に参加された人たちは
・高い目覚めの意識状態を体験する
・深い静寂の意識状態を体験する
・肉体的、精神的な癒しや浄化、解放を体験する
・フォース(真我、ディバイン)との強い絆ができる
・メディテーターの中にフォース(真我、ディバイン)を見る
、、、といった体験談が報告されています。

継続して受ければ受けるほど、より高い意識状態へと体験が深まり、その状態を安定化させてくれます。

▼各種セミナーのお申込みはこちらから♪▼

※最少開催人数が決まっておりますので、必ずお申込みの上ご参加くださいませ。
『瞑想・呼吸セラピー』の体験談
【40代 女性 接客販売】
 ストレッチをしたら、手がピカピカ輝いてきて、とても気持ちが良かったです。呼吸法は本だけでは理解できませんでしたが、今回参加したことで、体で覚えられた気がします。参加して良かったです。目黒さんの優しく穏やかな進行もとても心地よく、素敵な休日の午後を過ごさせて頂き感謝です。原先生にもお会いして、生の波動を感じることが出来、私も原先生のように年を重ねたいと思いました。
『ワンネス瞑想(OMB)』の体験談
【50代 女性 POP広告クリエイター】
 ライフレビューは義母に対して行ないました。私は義母に対して、私の母と祖母の様な嫁姑の関係になりたくないと願っていた為、怒りがあっても決して表に出さず、いつも装って接してきました。このところ、義母のみならず誰に対しても突然怒りが出てきて解放が進んで
いるのかと思いますが、今までお世話になった沢山のことが思い出され、終始泣いていました。
アイディクシャでは、原先生がまるで西洋絵画の(ルノアールとか)モチーフになった様な不思議な感覚でした。
 そしてアイディクシャの時、私の身体中をしばりつけている緊張感が、何が発端で起っているのか分かった様な気がしました。
 祖父と寝ていて足をつねられたこと。これがたった1回だけのことだったのか、何回もあったのか分からないのですが、一緒に寝ていていつも恐怖感があり、心休まる暇がなかったからではないかと思いました。
 2回目のアイディクシャは、先生の後ろのタペストリーの”感謝”という文字の外側が何度も青く光り、最後の方には先生のお顔の周りも赤く光り輝きました。
 一番最後に先生が目を閉じられた時、後ろにかかっているタペストリーの光が思いっきり光りました。しっかりと受けられた安心感がありました。
ありがとうございました。
『心と体がいやされるセラピー』は初めての開催となりますが、50席限定ですのでぜひお早目にお申込み下さいませ♪
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
愛感謝。

【これからは所得格差でなく、精神格差】

2018年11月12日
66454fd336ebe0cbea28a8fc85fb62c6_s

こんにちは、原久子です。

 

今日は【これからは所得格差でなく、精神格差】である

 

というテーマをお伝えしたいと思います。

 

現代は資本主義社会と言われていて、「お金」というものが一つの社会的な判断基準となっています。多くの人が「年収いくら」ということをまずは求めますし、その比較によって

自分の立ち位置を判断しています。

 

もちろん資本主義なので、「二極化」が起きていくのも当然と言えます。

そしてその二極化の社会の中で、人は悩み、傷つき、行動しています。

 

これからも「お金」という便利なツールが何かにとって変わるということはないと思います(もちろん、形は変わるとは思いますが。)

 

しかし、所得格差=不幸せという時代ではない側面も、徐々に現れてきています。

 

私は「所得格差」ではなく「精神格差」が、あらゆる幸福を決めていく時代に入ったと思っています。

 

AIに仕事がとって変わる時代。今、何よる重要なことは、その人の心の中にある理想や希望をしっかりと認識し、創造的に楽しく生きることなのです。

 

過去の憎しみ、しがらみ、わだかまりにとらわれてしまっている限り、その人の心の中にある理想・希望などが出てきませんし、認識することができません。

 

そして、その叶えられない現実を嘆き、絶望し、我慢し、生きていく。

 

これこそ、所得格差以上に幸福を奪ってしまう原因だと思いませんか?

 

私はこれまで4000名以上の方に「精神格差」を解消する方法をお伝えし、それによって世界が変わっていく人たちを数多く見てきました。

 

私は、この精神格差の解消法こそ、「過去のわだかまりの清算」だと思っています。

 

この方法が、瞑想であり、呼吸法なのです。

 

呼吸法によって、あなたのわだかまりにアプローチする土台を作り、瞑想によって、その一つ一つを解消していく。すると、あなたの理想・希望の原石を純粋に感じ、信じることができるようになり、行動になっていきます。

 

このインパクトを与える方法は、これから豊かに生きたいと願う方々にとって、もはや必須のスキルだと思っています。

 

所得格差だけに視点をおかず、どうか精神格差とその解消法について知っていただき、今日からあなたの人生をより豊かな方向に持って行って欲しいと思います。


それでは、また。

【感情に「良い」も「悪い」もない】

2018年11月6日
1435648

こんにちは、原久子です。

 

今日は、【感情に「良い」も「悪い」もない】というテーマでお伝えしたいと思います。

 

これを読んでいるあなたは「怒り・不安・悲しみ・憎しみ」と言った感情について、どのようなイメージをお持ちですか?

 

おそらく100人いれば99人は「悪い・マイナスである」ということを感じると思います。

 

そのお気持ちは、とてもよくわかります。

 

しかし、実際はそうではありません。

 

実は、感情はただの「エネルギー」でしかありません。

 

プラスもマイナスもありません。

 

人間も自然の一部です。

 

重力は位置が持っているエネルギーを持つ、自然の力。

電力は電気分子が持っているエネルギー、自然の力です。

 

大きな滝の前に行けば、人はエネルギーを感じます。

 

巨大な落差から落ちる水のエネルギーの大きさを感じ、人はエネルギーの影響を受け、

スッと元気になります。これは、その人の中のエネルギー値が上がっている状態です。

これが、パワースポットということにも繋がってきます。

 

これと同じように、「感情」もまたエネルギーなのです。

 

感情は「情報エネルギー」を持っています。

 

よく借金をした人が大成功した、という話もあると思いますが、その時に感じた感情エネルギーの総量がパワーとなって、行動力に変わり、結果成功してしまっているのです。

プラスもマイナスも、その味わった深さ=エネルギーの総量になってきます。

 

ですから、感情に良いも悪いもないのです。

 

大切なことは、その感情から目を逸らさず、全ての感情をそのまま、その時点で味わい尽くしてください。

 

面白いことに、その感情を味わい尽くした後は、逆の方に振れます。

 

マイナスだった感情を受け入れて、その気持ちを味わい尽くしたらプラスに転じます。

 

「怒りが優しさや許し」へ、「悲しみが喜びや感謝」へ。

 

こうなれば、今あなたが感じている感情も、素晴らしいものだと思えませんか?

 

ぜひ無理せず感情を、味わい尽くしてくださいね。

 

それでは、また。

【とんでもない迷惑をかけていることに早く気がつくことこそ、楽になる秘訣】

2018年11月1日
1268727

こんにちは、原久子です。

 

最近は以前にも増して「人間関係の悩み」に関するご相談を頂く機会が多いです。

 

社会的に色々な事柄が臨界点を超えているので、そのひずみが現れている結果だと思います。

 

そうした人間関係について相談される方に共通していることがあります。

 

それは、心のどこかで

 

「相手が理解してくれない」

「相手を絶対に許せない」

 

という状態にあることです。

 

これはほぼ例外なく、と言って良いと思います。

 

考えてみれば、それは当然ですよね。

 

自分に問題があるのであれば、改善すれば悩みなんて起きないわけですから、原因が相手にあると思っている以上、なかなか解決しない。だから人間関係に悩むわけです。

 

しかし、この状態からいち早く抜ける方法があります。

 

それが、冒頭にお伝えした

 

とんでもない迷惑をかけていることに早く気がつくこと」

 

なのです。

 

「原先生!とんでもないです!あの人に迷惑なんかかけていない。むしろ迷惑なのは私の方です」

 

という反論もあると思います。

 

もちろん理不尽に起きたことで、そのように感じざるを得ないこともあると思います。

 

しかし、そんな人にこそぜひ「当の本人でないかも知れませんが違う人に、とんでもない迷惑をかけていることに早く気がつくこと」を

してもらいたいのです。

 

それは、その方が“楽”になるからです。

 

実は、この「とんでもない迷惑をかけていることに早く気がつくこと」。

 

これを2文字で表している言葉があります。

 

それが、「感謝」です。

 

「謝」を感じること=感謝なのです。

 

瞑想と呼吸法を合わせて、この「感謝」を見える化するワークがあるのですが、これをやるととんでもないことがおきます。

 

それは、

 

「自分が多くの方々からサポートして頂いたにもかかわらず、自分を振り返ってみると周りの人々に対して何もお返しをしていないこと」

 

を実感させられます。

 

この時に深い感謝が起きるのです。

 

そうすると、どうなるか。

 

「誰かに何か自分の出来ることをしたい」

 

という心理状態になります。

 

これが、相手の心に届くことによって、相手が少しずつ変わってくるのです、

そして、あなた自身を大切に思ってくれるようになり、あなたがそれを感じ、どんどん楽になっていくのです

 

まずは、「とんでもない迷惑をかけていることに早く気がつくこと」の対象として、

その怒りの矛先が当の本人でなくて構いません。

 

自分にとって身近な人を思い浮かべて、「私が何かしてあげたことはあっただろうか」と書き出してみてください。

 

すると、何もしていないことに気がつきます。

 

もし、「何も書き出せない」ということであれば、瞑想と呼吸法を学ぶところから始めてください。すると、自然にできるようになります。

 

それでは、また。

新企画!『心と体がいやされるセラピー』を開催いたします!

2018年11月1日
こんにちは!H.M.A.の石原です^^
11月に入り、今年も残すところあと2ヶ月…!時が経つのは本当にあっという間ですね。
皆様は年末に向かって何かなさっているでしょうか?

H.M.A.では、この度『心と体が癒される事』をテーマに新しい取り組みを行います♪
HP等で既にご案内しておりますが、今回弊社代表の原久子と小川陽吉先生のコラボセミナーを開催されます!

小川陽吉先生の御紹介をさせて頂きますと、元々はエリート街道をひた走っていらっしゃった経歴をお持ちなのですが、本当の意味で人の為になる事を!と思われて、現在は「ルポルタージュ自然治癒」でホリスティック医療をテーマに医師や学者や患者を取材されて、企画・編集活動を行っておられます!
循環型社会を標榜し「健康」をテーマに活動を続けておられて、抹殺されてきた治療法(根本治療/健康器具)の裏を知り尽くす深い知見をお持ちの先生です♪
YoutubeでもHALチャンネルを主催されており、皆様の健康に役立つ情報を配信されております。

先日、内観の素晴らしさについて小川先生のチャンネルにて原もチャンネルを登録されている方々へご紹介いただきました♪

よろしければ、無料ですので動画をご覧ください^^
本当の瞑想のエッセンスがふんだんに語られております♪

▼内観で人生が好転する。原久子先生が本当の瞑想を教える。▼



いくら金銭的に豊かになっても、病気等で自由に動けないとなかなか楽しい気分になれなかったり、幸福感を得られない事はままあります。

真の豊かさは、心と体が整っていないと叶いません!
精神面からと、物理面の両面から心と体にアプローチした、心と体が本当の意味で癒される『心と体がいやされるセラピー』に、ぜひお越しくださいませ♪

▼セラピーの詳細はコチラから▼

『心と体がいやされるセラピー』開催のお知らせ

<テーマ>
●原久子先生テーマ
『自分で自分の心を癒すことができる呼吸法と瞑想』
私たちの心と体には、本来自分で癒せる力を持っています。その力は心と体の緊張を取ってリラックスし、副交感神経を助けるようにすることです。
その方法が瞑想と呼吸にあります。

●小川陽吉先生テーマ
『健康に良い究極の水とは』
「量子医学最先端」抹殺された治療法がドイツ、欧米、アジア等で復活してきている。その機器について「水」について。
健康に良い水とは一体何でしょうか。そもそも「良い水」とは何でしょうか。
私たちの生活に切り離せない、「水について」あらゆる知見からお話いたします。

<受講料>
5,000円(税込)

<日時>
11月23日(金/祝) 13:00~17:30

<持ち物>
・筆記用具
・靴下(会場は癒しの天然木の空間なので、裸足はご遠慮いただいております)
・リラックスできる格好(ストレッチや呼吸法で身体をぐにゃぐにゃにほぐしますので、腰回りを締め付けない格好でお越しください)

<会場>
貸し会場GAホール
〒 114-0014 東京都北区田端6?9?7


▼お申込みはこちらから♪▼


生活に呼吸法&瞑想を取り入れ、心と体からご自身で癒す方法を得て、豊かな気持ちで日々をお過ごしできますようお祈りしております♪

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
愛感謝。

【『瞑想』や『呼吸法』はAI時代で活躍するための必須スキル】

2018年10月29日
47d829ea5afbbe0035cb689987554a72_s

こんにちは、原久子です。

今日は、これからのあなたの仕事・働き方などに大きなヒントとなることをお伝えしたいと思います。

 

今、多くの人はAI(人工知能)の発展の事実を知り、「将来自分はどのようにいき、どのような仕事をすれば良いのだろうか」という不安を抱えています。

 

ある文献によると、「現在の労働人口の約49%が仕事を失う」ということも言われています。

確かに混沌とした社会で、大きな変化の波の中にいますので、このような話が出てきてもおかしくはないと思います。

 

しかし、瞑想・呼吸法を長年追求してきた私の立場からいえば、答えは実にシンプルだと思っています。

 

結論から言えば「人にしかできないこと」を仕事にすることです。

 

そして、人間が人間たる、その源泉は「私はこうしたい。これを実現したい」という、心の底から溢れ出る希望・願望・創造性と、それを達成するために必要な行動を導き出す、叡智なのです。

新たな希望・理想から価値が生まれ、それが仕事になっていく、という時代になります。

 

ということは、「心の底から溢れ出る心の底から溢れ出る希望・願望・創造性と、それを達成するために必要な行動を導き出す叡智」を引き出せるか、がそのまま現実における豊かさの差になっていくのです。

 

この引き出す術を知らなければ、「AI・機械に使われる側」の人間となってしまい、思っているような豊かさを築いて行くことは難しいのです。

 

しかし、内なる自分の中に内在する叡智を引き出すことができれば、あなたの周りにはそれを達成するあらゆる経済的・人間的・時間的なゆとりや豊かさが生まれていくことと思います。

つまり、将来においての“豊かさの差”は、この精神世界の力を活用できるかどうかにかかってきます。そして、そのための方法論が「瞑想」と「呼吸法」なのです。

 

ですから、これからの時代に活躍し豊かになる方向性を歩んで行くためには、「瞑想」と「呼吸法」は必須のスキルだと思います。

 

ぜひ、このメッセージを見て、いち早くその可能性に気づき、将来への備えをしていただきたいと思います。

 

それでは、また。

【瞑想・ヨガは、ただのリラクゼーションじゃない】

2018年10月26日
f184704a88dc4a771b3a1ac31ae7d873_s

こんにちは、原久子です。

この頃は、「瞑想・ヨガ」が社会に当たり前に浸透してきました。

私が「瞑想・ヨガ」をお伝えする仕事を始めたときは、全くそうではなかったのですが

 

「瞑想・ヨガ」が社会に広まっている現状はとても嬉しいことなのですが、同時に危惧もしています。

瞑想やヨガのサービスや商品を見渡して見ると、程度の差はありますが、どちらかと言うと

 

「リラクゼーション」

 

をメインに伝えているものが多い気がします。

確かに「瞑想・ヨガ」は副交感神経という、リラックスしたときに優位になる神経が働くのでその側面はあるのですが、それは本質の瞑想やヨガの教えのほんの表面的な効果でしかありません。

 

本来ヨガとは「結ぶ」という意味であり、「自分の本当の心・叡智(宇宙意識)と現実世界の自分を“結ぶ”」というものです。

 

ヨガは、あなたの人生における目標・意義・そこに至るまでのあらゆる解決策を導き出してくれる、本当に尊い方法でもあるのです。

 

しかし、この本質が伝わらず、ヨガをされている多くの方が一次的な安心・心の安らぎだけを求め、また苦しみ、またヨガをして、、、という無限のループを繰り返してしまっているようです。

 

これは、本当に勿体無いと思います。

 

もしあなたが、本当に根本から人生の課題を解消したいという望みを持っているのであれば、ヨガの心髄である内なる叡智と繋がる瞑想を伝えてきた私に直接会いにきて頂けませんか。

あなたの人生を根本から変えるきっかけをご提供したいと思います。

それでは、また。

【あなたの脳は、メモリーでいっぱい】

2018年10月22日


04bd6b7b5d46a89bb684f7d837da1b62_s

こんにちは、原久子です。

 

最近ふっとした感覚ではありますが、現在は時代の変わり目であることを強く感じます。

 

それは、私の周りで人生が開花していく人と、目の前のことだけに追われてしまい、自分を失くしてしまう人の二極化を、鮮明に感じるようになったからです。

 

同じ時代を生きていても、全く違う方向性に向かっていく、人の違い。

 

今日は、その理由をお伝えしたいと思います。

 

結論から言うと、自分を失くしていってしまう人は

 

「(その方の)脳のメモリーがいっぱい」だから。

 

と言うのが答えです。

 

先日ある若い経営者の方のお話を聞いて、その通りだと思ったので、その話を共有致します。

 

私はパソコンやITなどは全く苦手なのですが、その経営者の方のお話を聞いて、「なるほど」と思いました

 

皆さんもパソコンやスマホを持っていると思いますが、その処理速度が遅くなったり、フリーズしてしまうことはありませんか?場合によっては、そのまま壊れて廃棄する、と言うこともあるかもしれません。

 

この状況は、パソコンの中の中枢にある、情報を処理しているメモリーが稼働しすぎて、対応しきれなくなったときに起きる現象のようです。

 

人間も、少し似ている構造をしていると思います。

 

あなたには、たくさんの情報・プレッシャー・不安などが常に押し寄せており、まさにパンク状態。それでも稼働することを求められ、もう目の前のことしか考えられなくなります。

これが続くと、あなたの脳にある“無意識”層に、どんどん処理しきれなくなったカスが溜まっていきます。

処置しきれなかったカスが溜まり、様々なことを受け付けなくなり、人生をプラスに持っていくことができなくなってしまうのです。

 

しかし、悲観することはありません。

 

人間はパソコンなどとは比べものにならないほど、すごいのです。

 

パソコンは“容量”が決まっていますが、人間の内側にある“本当のあなた”、“自分の内なる世界”には宇宙と同等の容量があるのです。

 

ですので、もしあなたが“内なる自分(フォース)”とつながることができ、まだ“使われていない容量”の力を活用することができたら、とてつもないパワーを発揮し、いまあなたが考えている理想や希望などは自然と達成してしまうのです。

 

それが人間の凄さであり、この“内なる自分”の容量を引き出す唯一の方法が「瞑想」であり、

「呼吸法」なのです。

 

ですので、もしあなたが今何かにくすぶっていたり、前が見えなくなっているようであれば、ぜひ“正しい”瞑想・呼吸法を実践して見ることをお勧めします。

 

それでは、また。

【瞑想と呼吸法を継続すべき、本当の意味】

2018年10月18日

こんにちは、原久子です。

私のところに最近よく寄せられるお悩みがあります。

それが、

 

「結局、自宅で瞑想・呼吸法をやろうと思っても、継続できない」

 

という悩みです。

 

このお悩みは本当に多いです。

 

忙しかったり、瞑想や呼吸法の効果を疑ってしまったり。

理由は様々だと思います。

しかし、ここでこれを読んでいるあなたにお伝えします。

 

それは、あなたの努力が足りないからではありません。

 

あなたの意思が弱いからではありません。

 

あなたが精神世界から程遠い人間だからではありません。

 

ですから、まず安心していただき、「できない・継続できない自分」を否定しないでください。許してあげてください。

それでは、なぜ人は「できない・継続できない」のか?

それは、

 

「人間の恒常性によるもの」

 

なのです。

人間には、生物として「元の環境・状況に戻ろうとする作用」が備わっています。

これを「恒常性(ホメオスタシス)」と言います。

例えばあなたが風邪を引いた時、人間は熱を出し病原菌を殺し、元に戻ろうとします。

この作用のことです。

 

「元に戻ろうとする力」は、何より強いです。

 

ですので、私とお会いして瞑想・呼吸法を学んだとしても日常に戻れば、「今まで通りの現実」に戻ろうとするのです。

。。。

 

「原先生、それではどうすれば良いのですか?」

 

このような疑問を当然持つと思います。

これは、残念ながら一つしかないと思っています。

 

「瞑想・呼吸法を継続的にできる現実になるまで“人の力”を使い、習慣化してしまう」

 

ことです。

そのために、私が自分で伝えるのも手前味噌で恐縮ですが、かなりの低額でそのような習慣化をお手伝いする機会を設けています。

 

【瞑想・呼吸法を習慣化するための『瞑想・呼吸セラピー』】

https://www.haraacademy.jp/seminar/s_kokyu/kokyu.html

 

あなたが、瞑想・呼吸法を習慣化できるまで、ぜひ“私”を利用してくださいね。

それが遠いようで、一番の近道です。

 

それでは、また。

【東洋と西洋の精神世界の違い】

2018年10月11日
7590a56f83c8509b494f391a0bccd4da_s

こんにちは、原久子です。

 

あなたは自分の思ったように物事が運ばないとき、どのように感じ、何をしますか?

 

ここ最近、売れている書籍を見ると「自分を変える」「自信を持つ」「嫌われる勇気を持つ」などといったテーマの書籍が売れているようです。

 

ここからわかることは、何か物事がうまくいかない時、自分の心に矢印を向けて、そして“変わらなければ”というような意識を持って行動をする方が多いように思います。

 

最近はこうした流れがあってか、「コーチング」という方法論がよく紹介されています。

一例を言えば「アファメーション(自分のセルフイメージを変える手段)」などがそれに当たります。

 

しかし、これはどちらかというと「西洋的」なアプローチであり表面意識への働きかけです。

 

思考の癖(くせ)を、日々入ってくる情報を変えることによって強制的に変えていくアプローチです。

 

これはこれでありだとは思いますが、東洋・特に日本人には、このアプローチがかえって

ストレスとなり、より自己否定に入ることは往往にしてあります。

 

医術もそうですが、基本的に西洋は「外科」を主体とした「局所治療」なのです。

 

つまり、外側からアプローチをすることで変えていくという方法を取ります。

 

しかし、東洋は違います。

 

「自然治癒」をベースとした「根本治療」です。

 

物事がうまくいかない時。外から変えていくのではなく、内側から変えていくアプローチを行います。

 

何かうまくいかないときは、徹底的に呼吸をし、瞑想をし、奥深くに流れる真の自分に問いかけて見るのです。

 

わざわざ“誰か”になろうとせず、ただ自分を受け止めるだけ。

 

それだけで、具体的で自分にとって自然な解決策が見つかって行きます。

 

精神世界にも「東洋」と「西洋」のアプローチの仕方に違いがあります。

 

もしあなたが、“無理に”現実をかえるということでなく、“自然”に現実を変えたい、ということであれば、ぜひ瞑想や呼吸法を取り入れられることをお勧めいたします。

 

それでは、また。

ページトップへ