心の曇りが晴れるブログ

先祖解放  暗い水のなかから光の道へ上がっていく

2016年8月20日
sky-414199_960_720

50代 女性 主婦

 祈りをはじめたとたんに暗い水の中で、じっとかたまっている人を感じました。

 それは小さい男の子で父の弟のひろし君でした。

  小学校に上がる前、堀に入っておぼれて死んだのです。

  ちょうど戦争中で、私のおばあちゃんは戦争に行っているおじいちゃんに「申し訳ない」といって泣き狂ったという話を聞いていました。

その子にバガヴァンの光が差し込み「もう上に上がろう!!」とさそってもらったけれど

なかなか顔を上げてくれなかった。

何度も「もう大丈夫だよ!!」、「もうお母さんも許してくれてるよ」と声かけをしていたら

顔を上げて笑顔になって、その暗い水の中から光の道にのってさーっと上へあがっていって、

お花畑でお父さん、お母さん、お兄ちゃんと手をとって、楽しそうに遊んでいるイメージがわきました。

とってもよろこんでいました。私も心が軽くなりました。


 もう一つは、父の苦しそうな顔でした。

  父は親戚のおじさんと和解しないまま亡くなったので、そのことをとっても後悔していました。

  それで「明日、私と一緒に内観しよう」と声をかけたら、

 笑顔で「よし、一緒にやろう」と言ってくれたので、次は父と一緒に行きたいと思います。

ワンネス瞑想  無条件の愛に足りないものはない「完璧」

2016年8月19日
リーフ

【40代 男性】

ライフレビューで母、父、兄を思いました。

前回は家族の無条件の愛を感じ、ありがたく思い涙しました。

今回は「完璧」という言葉が思い浮かびました。

 

母、父、兄について、自分が思う何か欠けている感じ。

はたから見れば何かが足りないように感じる母、父、兄も、自分自身もですが、

私にとっては(そのままの母、父、兄が完璧なんだ。何もかけていない、何も足りないものはなく完璧なんだ)という思いを感じました。

そんな完璧な家族の下に生まれ育ったんだから、私もちょっとばかり家族から見て「立派になったな」と思ってもらえるように

ちょっとでもなっていけたらなと思いました。

ありがとうございました。

原先生のディクシャ、このワンネスメディテーションに感謝いたします。

原久子と行くインド瞑想研修の旅 

2016年8月17日
クアラルンプール 食事

クアラルンプールのトランジットの飲食店でトムヤムクンなどいただきました
インド バイク

インドでは、こんなに大勢バイクに乗ってしまいます
インドにて


朝のヨガタイム

キャンパス3での研修の朝

太陽礼拝
ヨガから始まります
キャンパス内

キャンパス内で宿泊いたしました。
キャンパス内2

自然あふれる美しいキャンパス内で、心も体もリフレッシュできました
キャンパス内3


ワンネス瞑想 カルマ解消のための今世、マイナス感情を捨てる

2016年8月15日

【60代 女性 主婦】

今回のライフレビューで勇気を出して主人に向き合いました。

カルマの解消の為に二人は結婚という形を取りました。彼の魂からすごい覚悟が感じられました。40年の間、多くの体験と感情(苦しさ、辛さ、悲しさ)を味わいましたが、つい最近までどうしてこんなに悩ませる人だと、主人にマイナス感情をぶつけても来ました。

今回のライフレビューでは、私がどれだけ多く彼をメッタ刺し、切り刻んだかを思い出され、そんな中でも私はこうして生きられていることに感謝しました。

彼の存在に対してどれ程憎しみの心をぶつけて来た分、去年末期ガンになり、死を目の当たりにし、それでも奇跡的に回復しました。

どうして、と毎回疑問に思いましたが、彼が生かされた意図は神が私が夫に対してのマイナス感情を手放して、今世の役目を終わらせる時間を下さったと気付きました。

そうしたら、主人に対して懺悔の思いが込み上げてきて、彼に対して尊ぶ思いまで感じられました。本当のソウルメイトです。これからは主人の幸せを祈り、私は真我と共に歩みます。

先生のアイディクシャでは、先生の目から慈悲のいつくしむ心が感じられ、正しく菩薩さまでした。背後には多くの仏様も感じられ優しさに溢れていらっしゃいました。

一木一草

一木一草

 

ワンネス瞑想 私の幸せを願う母の心に気が付いて……感謝と懺悔

2016年8月10日
rose-1033202_960_720
【30代 女性 会社員】
いつも先生がおっしゃる通り、感謝と懺悔は車の車輪のようなものだということが今回はっきり分かりました。

セミナーで初めて「人を傷つけた」シートに取り組み
母に対して懺悔したら、感謝も今までに無い程、深まっていたからです。

今まで他の人たちが「両親が育ててくれたおかげで今の私がある」ということを言っているのを聞いて、
私は頭では理解できても、自分の両親に対してそのように心の底から思えず、
(がんばって内観しているつもりなのに……)と残念でしたが、
今回初めてストンと自分の中で腑に落ちたのが分かりました。

私が幼かった頃、「この子がちゃんと育って欲しい。幸せになって欲しい」という
母の気持ちが私の中に入ってきて、涙が止まりませんでした。

 

 

呼吸セラピー 自分を愛せないと他人を愛せない 呼吸を整えて自分を愛する

2016年8月9日
sun-1413721_960_720

女性 参加2回目

愛の呼吸法

これは人間にとって最小限のことで、

「自分を本当に愛していないと他人を愛せない」ということが実感で体験がありました。

呼吸法は1年半前からやり始めました。なかなかうまく出来ませんでしたが、

34月頃からようやく少しずつ身に付いてきたと思います。

今主人と2人ですが、この呼吸法を行うと本当に主人の嫌なところが「まあいいか」に

変わってきています。主人を許せるようになってきました。

これからもどんどん呼吸法をやって自分を癒せるようになりたいです。

呼吸セラピー 深い呼吸で頭が温まると雑念がなくなり、穏やかな気持ちに

2016年8月8日
fan-palm-283152_960_7201

瞑想呼吸法:家での呼吸法でもそうだが、身体が幸福感で満たされた。

愛の呼吸法(自分自身の傷に対して行う)では、頭の不調に対して行ったが、

頭が温まり、雑念が少なくなり穏やかで気持ち良かった。

あとは原先生の講話も短い時間で済んでくれて、疲れやすい私としては助かった。

とにかく人生を変えたいので、瞑想呼吸法100回/日必ずやるそ!

呼吸法 太陽の呼吸法で全身が軽くなるような感覚

2016年8月4日
gahag-0050433958-12
【女性 主婦】
すぐに始められて、心にも体にも効く手軽な方法を教えていただき、とても嬉しいです。
太陽を呼吸法をしていると、朝日がどんどん光輝を放ち、自然に感謝の思いがわいてきました。

【女性40代】
見えない世界に興味を持つようになり、自分なりに潜在意識、生命とは何か、人が肉体を持って生まれてくる
意味……等、これまで学んで参りましたので、あらゆることが原先生のお話と結びつき、すぐ実践したくなりました。楽しめました

呼吸を繰り返すほどに、身体が熱くなり、全身軽くなるような感覚dした。続けてみたいと思います。ありがとうございました。

真我実現セミナーを受講するときの3つの願望。 職場の人間関係の改善、給与を上げてほしいことでした。

2016年8月3日
公園
【40代 女性 会社員】
真我実現セミナーの第3ステップが終わったころ
インド旅行のお話がありました。
行ってみたいと直感的に思いましたが、9日間も会社を休めないですし、旅費が高額だったので、とても行けないだろうなあと思っていました。
ところが会社で今年からお盆休みができることになったのです!
15年以上働いていて、こんなこと初めてでした!
一日だけ有休を取れば行けることになったのです。
そして突然ボーナスが2倍になりまして、給与は下がることになりました。
ところが私だけ役員に呼ばれまして内緒だけど、あなただけ給与上げるねと言ってくださったのです。
みんな下がっているから内緒にしてほしいとのことでした。
大変に驚きましたが、すごく嬉しかったです!
これで金銭面も解決し念願だったインドへ行けることになりました!

また会社の人間関係もとてもよくなりました。
私は職場の一部の女性たちとうまくいっていませんでした。
真我実現セミナーを受けてよくわかったのが、妹との関係が職場の女性たちとの関係にとても影響しているということです。
私は全くそんなつもりなかったのですが、妹の立場からすると、とてもつらく当たっていました。
妹と和解した辺りから会社の女性たちから、とても優しくされるようになり、私に何かお手伝いできることはありますか?と聞きに来てくださるのです。
とても嬉しかったですし、真我実現セミナーを受けて本当によかったと思いました。
ありがとうございました。

呼吸法 講師養成 他者ヒーリングで肩に乗せられた手が人の手というより特別な感じがして

2016年8月2日
日の出

原式瞑想呼吸法 基礎習得コース 

1日目:呼吸法で今ひとつ力が抜けなかったことで中道さんにアドバイスいただき、お陰様で少しできそうな気がします(感覚が戻りました)。マットに横になっている時、全身の力が抜けて、とても心地よかったです。他者ヒーリングでは、させていただいた時はこちらもとても気持ちよく有難く、していただいた時は、肩に乗せられた手が人の手という感じというより何か特別な感じがして、心地よかったです。

ページトップへ