売上が30%増!アイデアが湧き出す「瞑想呼吸法」のやり方

売上が30%増!アイデアが湧き出す「瞑想呼吸法」のやり方
「仕事の業績が思うように上がらない」
「残業続きで効率良く仕事ができていない」
「仕事に活かせる良いアイデアが浮かばない」

この記事をご覧のあなたはこのようなお悩みや疑問をお持ちなのではないでしょうか?

そんなお悩みや疑問を解決できるよう、瞑想に関する情報を執筆しました。
※本記事は原アカデミーのスタッフが執筆しております。

ここでは、東洋医学の治療家として臨床研究を重ね、日本三大賞の一つである「東久邇宮文化褒賞(皇室から賜る宮賞)」を受賞、そしてこれまで延べ80,000人もの方に指導をされてこられた名誉心理学博士(U.S.A.)である、原久子先生からの情報をもとにお伝えいたします。

「瞑想が本当に仕事に役立つのか」「瞑想呼吸法とは一体何なのか」「瞑想呼吸法のやり方」などについても詳しくご紹介していきますので、専門家の情報をぜひ参考にしていただき、ご自身の生活に活かしていただければと思います。

原久子先生の詳細についてはこちらをご覧ください。

やり方次第で売上が30%増加!?実際に瞑想で売り上げが上がった会社の事例とは

ではまず、実際に瞑想で売り上げが上がった会社の事例をご紹介していきます。

瞑想で売上を30%も伸ばしたホットヨガスタジオ「LAVA」

LAVA-e1587635390812

ホットヨガスタジオLAVAは、全国に430店舗以上を展開しているヨガスタジオです。
2018年10月に公開されたFNN.jp PRIME onlineによると、日本最大規模のホットヨガスタジオを運営する本社で、2011年から瞑想を取り入れ、社員の89%が瞑想の効果を実感したと回答しています。

そして瞑想を取り入れてからは色々なアイデアが生まれ、売り上げが毎年30%ずつ上がっているということで、瞑想を取り入れる前よりも約7倍売り上げが上がったとされています。

2018年には、従業員120人ほどが毎朝瞑想を行っているとされており、全社員が瞑想をして自分自身に集中し、呼吸の仕方や頭の中を無にするなど、一つのことに集中することで心を落ち着かせたり、考えを整理したりしているようです。
毎日瞑想を行っている社員からは以下のような回答があったとされています。

・朝の時間や電車移動の際にアイデアがいっぱい出てくるようになった
・アイデアが出てくるので出社してからの行動が早くなった
・自分の発言を冷静にできたり、相手の意見も受け入れられるようになった
・ミーティングがスムーズに進むようになった
・心配性が緩和された
・頭の中が静かな感覚
・自分と向き合っているような気持ちになる
・気持ちが穏やかになっていく感じがする


このように瞑想を取り入れることで仕事を効率良く進められるようになったという声が多くあり、瞑想を行うことによってストレスや不安解消に繋がるということで、今では多くの企業が瞑想を取り入れ始めています。

世界企業Google社の社員が実践するマインドフルネス瞑想

31ca1c8132b0a2979c9cc47059a5bed0
出典:Amazon

Google社では、2007年にマインドフルネス瞑想を活用した「サーチ・インサイド・ユアセルフ」というプログラムを立ち上げました。
これをきっかけとして、Google社では瞑想に興味を持つ人が増え、2015年の時点で5,000人以上の規模で実践者が増えたと言います。
また、SAP、アメリカン・エキスプレスなど他の企業や大学にも次々に採用されており、Google社のみならず様々な場所で活用されています。
・自分の仕事に対する充足感の発見や新しい意味を見つけることができる
・より上手く物事がこなせるようになった
・色々な状況を理解できるようになった
・顧客との信頼性を構築できた
・ポジティブな考えでマイナスなことを上手に処理することができた
・心の平穏や幸せをより深めることができた


このように、Google社の社員が瞑想を取り入れた結果、自身の仕事に対する考え方や状況の理解、顧客とのコミュニケーションの充実、マイナス感情の発散など、ビジネスにおいて様々なメリットをもたらしていることが分かったと思います。

サッカー選手として知られる長谷部誠氏も瞑想を実践!?

994d6b39889329c09130615e7cb4d736
出典:Amazon

あなたも一度はテレビを通してプロのスポーツ選手を見たことがあると思います。
日本を代表するアスリートを思い浮かべると、常に世界レベルと戦う技術、戦略、テクニックなどを日々磨き、試合では頭をフル回転しながら臨んでいることが想像できますね。

サッカー選手として日本代表に幾度も選ばれキャプテンを務めた経験がある長谷部誠氏は、自身が執筆した「心を整える」という著書で、どのように心を良好な状態に保つのかを自身の経験を紹介しながら語っています。

“『心は鍛えるものではなく、整えるものだ。いかなる時も安定した心を備えることが、
常に力と結果を出せる秘訣だ。自分自身に打ち勝てない人間が、ピッチで勝てるわけがない。』”
引用:Amazon

長谷部誠氏が紹介しているのは心を鎮める時間を持つこと。
瞑想を通して心を鎮め、毎日実践することでメンタルをコントロールしているのです。

トップアスリートだからこそ、瞑想を通して自分自身を整理し、パフォーマンスを発揮するためにメンタルのケアをやっていることが分かりますね。

瞑想で会社への来客数が10倍以上に!?原久子先生のセミナーを受講した企業の成果とは

shutterstock_1046818666-e1587976054639
原久子先生のセミナーを企業研修として取り入れている東京の工業系企業では、これまで工事を受注するために外部に足を運んで営業活動を行っており、実務に使える時間が少ないことから非効率な業務になっていたそうです。

しかし、原先生のセミナーを代表者が受講し、会社研修として取り入れてからは受講する社員が増えるにつれて、客先がわざわざ会社に来て打ち合わせや仕事の相談を行ってくれるようになり、以前より会社への来客数が10倍以上に伸びたと言います。

これは、瞑想について具体的なやり方や効果を理解したことによって、社員のストレス削減、健康面の維持、責任感の感じ方、人と接する姿勢が変わったことから、社員一人ひとりに好影響を与えるだけでなく、会社全体の仕事に対する姿勢が変わったことが大きな要因だと、代表者は語ります。

その結果、会社の売上にも繋がり、仕事の成果を社員みんなで実感することができているとのことで、定期的に社員の研修として原久子先生のセミナーを受講されています。
・幹部社員や一般社員が仕事もプライベートも大事にしてくれるバランスの良い社員気風が生まれた
自身の健康に気遣うようになり、休む時間を有効活用するようになった
・社員のストレスが減り、大量の飲酒や夜遊びなど無茶な生活を過ごさなくなった
・出勤時間に遅れる者が減り、若手も仕事に責任を持って臨んでくれるようになった
・研修会などには自ら進んで参加し、社員の向上心が圧倒的に高まった
・社員が自信を持って接客するようになり、顧客との信頼関係が生まれた
・自分の仕事、自分の会社に誇りを持つ社員が増えた
・社員間が調和して、お互いを助け合うという風潮が高まっている

などのように、原久子先生の瞑想を通して上記のような効果が得られています。
こちらの企業のように、一人ひとりが正しく瞑想を取り入れられれば、社員の気持ちや姿勢に大きな変化をもたらせることができるでしょう。

モチベーションが上がり、会社全体の雰囲気が良くなことで、社員同士、そして顧客との関係が深くなります。
そうすれば自ずと売り上げにも影響が出てくるわけです。
瞑想は一般企業でも大いに期待できるものと言えることがお分かりになったと思います。

原久子先生による瞑想についてはオンラインでも受講が可能となっておりますので、企業を取りまとめる代表者、そして幹部の方はぜひこちらを参考にして、貴社の生産性アップのために活用してみてはいかがでしょうか。

企業やアスリートが取り入れている瞑想ってどんなもの?

では、大手企業やトップアスリートが実践している瞑想とは一体どのようなものかご紹介します。

瞑想とは

瞑想とは、目を閉じて心を落ち着かせ、雑念を無くして何も考えないことです。
しかし、ほとんどの人は雑念が出て本来の深い瞑想を行えていないことが多く、世の中でやっている瞑想は効果を十分に得られていない場合が多くあると原久子先生は言います。

また、瞑想にはマインドフルネス瞑想や慈悲の瞑想、超越瞑想など他にもいろんな種類があることを覚えておきましょう。

瞑想は科学的根拠があるの?

ここまで瞑想について事例などご紹介してきましたが、本当に効果があるのかと疑問を抱いている方も多いのではないでしょうか。

実は、瞑想は科学的根拠に基づいており、現在アメリカでは瞑想産業の市場規模は4兆円にのぼる(2019年3月時点)と言われ、治療の一つとしても日々積極的に使われています

瞑想で得られる効果とは

・生産性向上
・インスピレーション創出
・リラックス効果
・ストレス解消
・集中力の向上
・睡眠の質を改善
・不安の緩和
・肥満解消
・心の平穏と幸せ
・人間関係の調和

など、様々な効果があります。
瞑想の効果についてはこちらで詳しくご紹介しています。

瞑想にデメリットはないの?

瞑想の効果などメリットについてご紹介してきましたが、瞑想にはデメリットはないのかと心配される方も多いでしょう。
原久子先生にその真相を伺いましたのでご紹介していきます。

瞑想を独自のやり方でいきなりやるのはダメ

原先生によると、瞑想にはメリットが多いけれどデメリットも存在するいうことを語ってくれました。
これは無意識の中に誰かに対する憎しみや悲しみなどマイナス的な感情を持っている方は、瞑想を独自のやり方でやってしまうと、そのマイナス的な気持ちが増幅してしまうので、心が休まるどころか今までよりもさらに落ち着かなくなってしまうのだそうです。

ではそのような状態を回避するためにはどうすればいいのか。
それは一度、瞑想のやり方を正しく理解し、整った環境で体験することが大切だと言います。

誰しも初めはやり方が分からなくて不安なのは当たり前です。
しかし、瞑想の正しいやり方が分からないまま続けていては効果が得られないのはもちろんですが、あなたが費やした多くの時間が無駄になってしまいますよね。
そうならないためにも先生や講師の方に指導いただき、直接質疑応答を受けれる場所に参加するのが一番効果的でおすすめと言えます。

そうはいっても遠方で参加できない、時間がないなどと現地に行くのが難しい方もいらっしゃるでしょう。
原アカデミーでは、瞑想を学びたくても時間が取れない方に向けて、オンラインサロンをご提供しています。
こちらのサロンでは専門家である原久子先生にも関わっていただき、原久子先生がお伝えしている瞑想やマインドフルネスのやり方の配信はもちろん、あなたの疑問や質問を投げることができ、それに対して原久子先生より回答が得られます。

一方的な配信ではなく双方向のコミュニケーションが取れる、そんなサロンとなっておりますので、専門家からの正しい瞑想のやり方をぜひこちらで学んでみてはいかがでしょうか。

正しい瞑想をやろうと思うと、一人で沈黙の空間が必要

先ほどから繰り返しお伝えしていますが、瞑想をやろうと思うと正しい知識とやり方を学んだ上で、一集中できる一人の沈黙の空間が必要となります。
自己流でやるとマイナス的な気持ちが増幅してしまいますので、初めての方、瞑想のやり方が分からない方は、いきなり一人でやり始めるのはおすすめできません。

初心者でも可能!安心してできる瞑想のやり方は「瞑想呼吸法」

では初心者でも簡単にできるやり方はないのかとお悩みのあなたに、原久子先生に瞑想のやり方を伺ってみました。
瞑想と言っても様々な種類がありますので、今回は原久子先生が指導する瞑想呼吸法をご紹介します。

瞑想呼吸法とは

原久子先生が考案された瞑想呼吸法では、瞑想を実践しやすくするために呼吸法を取り入れたやり方を実践しています。
この瞑想呼吸法は、しっかりと呼吸を整えながら瞑想することにポイントを置いています。

呼吸を整えることで呼吸が深くなり、副交感神経を優位にすることでリラックス状態をつくることが可能になるため、先述した瞑想の効果を感じやすくなるのです。

瞑想呼吸法のやり方

瞑想呼吸法の具体的やり方については、実際に一度自身の体に正しいやり方を学ばせることが大事なので、セミナーで体験するのが一番です。
原久子先生によると、瞑想呼吸法は一回の体験でマスターできるということですので、初めての方や瞑想のやり方が分かっていない方は、正しい瞑想のやり方を学んでから実践することをおすすめします。

瞑想呼吸法はやり方をマスターできれば誰でもどこでもできる

ここまで瞑想についてご紹介してきましたが、瞑想はネットの情報だけで実践しようとして、見よう見まねでやっても変な癖がついてしまい、正しい効果を得られることはできません。
繰り返しご紹介してきたように、一度専門家のセミナーなどで正しい瞑想の情報ややり方を習得していくのが一番おすすめと言えます。

お仕事や家事、育児などで日々せわしく過ぎていく時間の中で、何より心を休ませてあげることは大切なことです。
健康の維持、そしてモチベーションを保ち続けるためにも、瞑想を活用して心をケアしてあげてくださいね。

瞑想はやり方さえマスターすれば、お家で一人で瞑想を行うことも可能です。
ぜひこの記事をみているあなたにも瞑想の効果を実感して私生活に活かしてほしいと考えています。
ぜひあなたも一度、この道の超一流である原久子先生から正しい瞑想のやり方を習得して、ご自身の生活に役立ててみてはいかがでしょうか。