原久子コラム

【あなたの中の優先順位は?】

2019年3月22日
55451634_408120273305342_8973970003304906752_n

こんにちは、原久子です。

 

突然ですが、あなたが今生活している中で最も大切にしていることは何ですか?

 

スケジュール帳を見て頂き、何の優先順位が一番高いでしょうか?

 

家族との時間、次から次ぎへとやってくる仕事のタスク、会食、趣味の時間、はたまたなんとなく見てしまうネットサーフィンの時間、テレビの時間など...

 

いかがでしょうか?

 

これらの中で自分が実際に使った時間を確認してみてください。

それが現状のあなたの優先順位です。

 

こうして一度自分が実際に優先していることを見てみるとあることに気がつく方がほとんどです。

 

それが、「自分の時間が二の次である」ということです。

多くの方が、大切な自分の時間のほとんど全てを誰かに奪われてしまっているのです。

無意識に、あなたは、あなたの人生をいきることを制限されてしまっています。

 

これは、よく考えて頂くと恐ろしいことでもあります。

 

普通に過ごしていたら、あなたの人生の優先順位が誰か他のもの、人に取られてしまい、自分を生きることができない。。

 

とても怖い事実です。

あなたの人生ですから、一番大切なことは、

 

「あなたは何を大切にし、どのように生き、何を大切と決め、どうしたら自分の心に素直に生きられるか」

 

その原石の発見とそれを達成する具体的方法を知ることです。 

 

瞑想と呼吸法を長年研究している私から言えば、この原石の本質もそれを活かす方法も、実は全てあなたは既に知っている、と断言できます。

 

ただそれを引き出す方法を知らないだけなのです。

 

ですので、ぜひあなたの優先順位の一番目にこの原石の発見とその原石を引き出す方法を知る、ということに置いて欲しいのです。

 

具体的方法は、以下でお伝えしています。

本当に人生を変えて、自分を生きたい方は最も優先順位を上げて参加してみてください。

【違和感に正直になる】

2019年3月15日
53698507_404415113675858_1147388710556270592_n

こんにちは、原久子です。

 

今日は

 

「私は何をやってもうまくいかない」

「何だか最近うまくいかない」

「変わりたいけれど、変われない」

 

という悩みを抱えている方にお伝えしたいことがあります。

 

単刀直入にお伝えしますが、

 

「あなたが今感じている違和感・不安・恐れ。全てあなたにとって貴重な宝物であるということに気付いて欲しい」

 

ということをお伝えしたいのです。

 

「何を言っているのですか」

 

という反論がたくさん返ってくるかもしれませんが、ぜひその感情を一度置いて話を聞いて欲しいと思います。

 

実はあなたが感じている「違和感・不安・恐れ」。とてもネガティブに思えますが、全てあなたの心が送ってくれているシグナルなのです。

 

そのシグナルは、これからのあなたに貴重な学びと気づきを与えてくれます。

 

真のあなたが「本来のあなたと何か違うよ」ということを気づかせてくれているのです。

これって考え方によっては、あなたの貴重な宝物ではありませんか?

 

あなたの人生の進む方向に「一度立ち止まりなさい」ということを教えてくれているのです。

 

ですから、あなたはそのシグナルに素直になり、全てを受け入れ、向き合うことが必要になるのです。

 

そこで向き合い、真の自分に出会い、出てくる答え。

それこそ、あなたの人生を好転させるきっかけになるのです。

 

ですから、今何かうまく行っていないことで感じる「違和感、恐怖、恐れ」

 

その全てに耳を傾けてみてはいかがでしょうか?

その際は、ぜひ瞑想と呼吸を行なってから傾けることを強くお勧めします。

 

真のあなたに出会えることを、心から祈っています。

 

違和感の正体を知りたい、宝物に変えたいという方は、ぜひ3/2324に開催されます『瞑想&呼吸法のきほんコース』へご参加下さい。

それでは、また。

【連続の中にいる人生】

2019年3月14日
53784029_403796097071093_2069622810115833856_n

こんにちは、原久子です。

 

今日は「連続の中にいる人生」というテーマで、理想・希望を叶える。悪い状況から脱するヒントをお届けしたいと思います。

 

読んでくださっているあなたは、今自らが望んでいる状況や環境におりますでしょうか?

 

「そんな簡単に望んでいる状況にいる人なんていないですよ。」

 

「世の中、苦労して苦労してやっと理想は叶えられるものですから、今の状況をすぐさま良いものと自信を持っては言えないですよ」

 

というご意見が返ってくるかもしれません。

 

確かにその通りです。

 

幸せを感じるためには、たとえ「苦労」があってもそれを苦労と感じるのでなく自分を磨き成長させてくれる試練と捉えることです。その結果、大切なことに気がつくことができ幸せを感じれるものです。

 

難が無い人生は「無難」な人生。楽(ラク)かもしれないけれど、楽(たの)しい人生と言えないでしょう

 

難が有る人生は「有難い」人生。難があるから、感謝が生まれ、ありがたさを感じ、充実するのではないでしょうか。

 

今日お届けしたいことは、困難のある、なしということではなく、そうした難をどのように捉え

豊かな方向性に持っていき、果ては理想や希望を叶えていくかということです。

 

そのために重要なことは、「あなたは過去・現在・未来の連続の中に生きている」という事実を知ることです。

 

人生は全て、あなたの「意思決定の連続」で成り立っています。

 

言葉を正確に使えば「(無意識下にある意識による)意思決定の連続」で成り立っています。

 

あなたの表面意識に関係なく、ほとんどがあなたの「無意識下にある意識による意思決定」が行われています。

 

突き詰めると、あなたの過去の無意識の意思決定が「現在」を作っています。

 

そして、あなたの現在の無意識の意思決定が「未来」を作っています。

 

もうお分かりでしょうか?

 

そう、全ては「(無意識下にある意識による)意思決定の連続」が全てを決めているのです。

 

その中に私たちは生きています。

 

つまり、あなたの理想が叶っていない、悪い状況から思ったように抜け出せないその原因は、あなたの過去と現在の「(無意識下にある意識による)意思決定の連続」が原因です。

 

逆を言えば、何をすれば人生が変わるかというと

 

「(無意識下にある意識による)意思決定の連続」が全ての原因となっていることを知り、それをクリアにしていくことを行なっていけば、未来に必ず活路が開けていきます。

 

あなたの今の状況の原因は、あなたの「無意識下にある意識」が原因ですので、どうか自分を責めることなく、その改善にフォーカスすることをお勧めします。

 

そして、この改善に必要なアプローチが「瞑想・呼吸」です。

 

これ以外に選択肢はありませんので、ぜひ今「瞑想・呼吸」を継続できない人は継続し、

興味がある人は正しい「瞑想・呼吸」に触れてみてください。

 

それでは、また。

【自らの本質に生きる】

2019年3月13日
53533230_403372920446744_4666705335468163072_n

こんにちは、原久子です。

 

今日はとても大切な話をしたいと思います。

 

今日のテーマは「自らの本質に生きる」というテーマです。

 

「本質」というと少し難しいように聞こえるかもしれませんが、ここでいう本質とは、あなたのDNAレベルで引き継がれている、あなたの「カルマ」に気づき、生きようというテーマです。

 

少し宗教やスピリチュアルに聞こえるかもしれませんが、とても大切なことですので、ぜひこのまま読み続けてください。

 

「カルマ」とは、古くからのインドに由来する考え方から来ている言葉ですが、「業」「行為」「宿命」という意味を持つ言葉です。

 

「良い行い、悪い行いに関わらず自分に全て返ってくるという因果応報の原理原則にも通ずる思想です。

 

実は私たちはこの「カルマ」というものによって、多くの同じ過ち、失敗を繰り返しています。

 

しっかりと瞑想・呼吸を行なった上で自らの内側を見ていくと、その失敗・過ちの原因はほぼ同じようなことであることに気づきます。

 

起きてしまった失敗は状況、環境、規模など全く異なりますが、その根底に流れるのはあなたの「カルマ」にあります。

 

「なぜこんなことが私には起こり続けるのだろう」

 

このような感情や感覚を持ったことがあると思いますが、それはほぼ全てあなたのカルマに起因しています。

 

この「カルマ」によって、本当に多くのことが制限されてしまうことが多いのです。

 

例えば「自己承認が強い」人は、過去のカルマからそれを相手に求め、失敗する傾向があります。

事象として、嫉妬、浮気、離婚、裏切りなど。

 

こうしたことを引き起こしてしまうのです。

しかし、重要なことはこの「本質」に気がつき、どう生きるか?なのです。

 

自らのカルマを知り、理解し、対処し、解消していくことができれば、あなたの人生は驚くほどこれまで起きていた失敗と決別し、全く別方向に人生を歩んでいくことができます。

 

ぜひこの本質を知り、自らの本質と向き合い、生活をしてほしいと思います。

 

もし自分のカルマに気がついてみたい、という方はぜひ以下を活用してみてください。

 

なぜ同じ失敗を繰り返すのか?自分のカルマに気がついてみたいという方は来週末に開催されます『瞑想&呼吸法のきほんコース』へ、ぜひご参加下さい。

【全く違う時間が流れている。】

2019年3月8日
53630625_400723817378321_5680597674961666048_n

こんにちは、原久子です。

 

突然ですが、今このメッセージをお読み頂いているあなたは、どのような状況で読まれていますでしょうか?

 

人混みの中、休憩中、食事中、電車の中、駅の中、帰り道の途中、、様々だと思います。

 

それぞれご状況があると思いますが、これからほんの少しだけ意識してみてほしいことがあります。

 

「今、あなたの周りはどのような時間軸で動いているか」を注意深く見てほしいのです。

 

周囲の人は携帯でメッセージを返信していたり、時計を気にしていたり、そそくさと歩いていたり、電話をしていたりと様々かと思うのですが、いずれにも共通していることがあます。

 

それが「他人の時間軸の中を生きている」ということです。

 

電話もメッセージも、街頭から流れるメッセージもテレビも。

 

全て誰かが作り出し情報・環境の中で、それらが作り出した時間軸に沿って行動しているのです。

だから常にその環境に影響を受けてしまうのです。

 

そして、自分が本当に望んでいること、やりたかったこと、考えたかったことに充てられる時間がどんどん削られていき、思い通りに行かない日々を生き続けることになります。

 

あなたは、この連続の中を生きることについてどのように感じますか?

 

「原先生、それはもちろん自分らしく生きたいです。ですが、そうは言っても周りの環境がそれを許してくれるわけではないので難しいと思います。」

 

というご意見があると思います。確かにその通りです。

 

しかし、そんなあなたにこそぜひ実践してほしいことがあるのです。

 

それが私が常々お伝えしている「瞑想・呼吸」を取り入れる時間をとることです。

 

ぜひ真剣に「瞑想・呼吸」を行い、外界ではなく自分の内側に湧き上がる全てのことに耳を傾けてみてください。

 

すると、あることに気がつきます。

 

それは、「全く違う時間が流れている」ということです。

 

周りは進んでいるのに、なぜか自分の内側はその時間のスピードとは関係なく、一定の、心地よい時間軸の中を生きている。

 

このことに気がついてほしいのです。

 

1日は24時間」というのは、人間が便宜上決めたことです。

しかしこの基準で作られた24時間と、内側に流れる時間は異なるのです。

 

その時間の濃さによって、あなたは全く違う時間軸を生きることになり、

誰かが決めた時間ではない、あなただけの時間を過ごすことができるのです。

 

このように生き続けていると、あなたはあなたの「宿命」「使命」「運命」に気づくことができます。

 

そんな自分の本質に迫る生き方をしてみたいと思いませんか?

 

もしあなたがそのような時間軸を体験したい、と思われた方はぜひそれを体験しにきてください。

 

初心者の方も、呼吸法を実践している方も復習として『瞑想&呼吸法のきほんコース』を今週末博多と尼崎にて開催いたします。

再来週には東京でも開催いたします。

 

ぜひ体系化された、効果の出る瞑想の『きほん』を学びに来てください。


それでは、また。

【ストレッチの重要性】

2019年3月4日
53297043_398679774249392_8470013620422443008_n

こんにちは、原久子です。

 

今日は少し大切なことをお伝えしたいと思います。

 

私のセミナーに参加してくださる方や書籍を買っていただいた方、

動画をご覧頂いている方、メッセージを頂く方、

 

その多くが

 

「正しい呼吸法のやり方を教えてください」

「どうやったら瞑想して真の自分に繋がれますか?」

 

というご意見やご質問です。

 

もちろん、瞑想・呼吸法共にしっかりと体系化されたやり方があります。

そしてそれを自分の人生レベルで夢や希望を実現に落とし込むステップもあります。

 

しかし、それらの前に重要なことがあります。

 

それは、「体の環境を整えること」です。

 

実は瞑想・呼吸法の成果に差を生む大切な行動があります。

 

それこそ、今日のタイトルになっている

 

「ストレッチ」

 

なのです。

 

「ストレッチが大切?」

 

と思われた方もいるかもしれませんが、実は瞑想・呼吸法に入る前に行うストレッチは非常に重要です。

 

多くの方は力が入りすぎ、体が緊張状態にあります。

 

毎日毎日緊張状態の中を生きているので、それが標準となってしまっているのです。

 

そんな状態のまま瞑想・呼吸法に入っても効果は半減してしまいます。

 

私のセミナーに参加頂いた方はお分かりかと思いますが、私は必ず「ストレッチ」を最初に取り入れています。

 

何気なく行っておりますが、とても重要なステップなのです。

 

そして、そのストレッチにも正しいやり方があります。

 

「瞑想・呼吸法をやっているんだけれど、良い成果が得られない」

 

そんなお悩みの方は、ぜひもう一度正しいストレッチ法を学びにきてください。

きっと効果を実感できると思いますよ。

 

ストレッチ、呼吸法・瞑想のきほんが学べるコースを今週末博多と尼崎で行います。
まだ間に合いますので、ぜひいらしてくださいね。

【あなたの人生を楽にする”開き直り力”】

2019年2月26日
52736748_395235287927174_642337566279860224_n

こんにちは、原久子です。

 

今日は先日お会いしたセミナー参加者の方の状態をみて、ふと感じたことを共有したいと思います。

 

私のところに来る方に、実は特徴的な共通点があります。

 

あなたはそれが何かわかりますか?

 

「落ち込んでいる

「ストレスでいっぱい

 

など、いろいろあると思います。

 

もちろんそれらも共通している部分ではあるのですが、大きな特徴としては、

 

「あらゆるものを握りしめている空気感を持っている」

 

ということです。

 

注意深く見てみると、拳や肩に力が入っている人が本当に多いのです。

 

感覚としては、あらゆる感情や気持ちを拳いっぱいにぎゅっと握りしめてしまっている感じです。

 

平たく言えば、全てを抱え込み、潰されたくない、弱いところを見られたくないから自己を守るために力をめいっぱい込めてしまっているのです。。

 

いろいろな経験や過去の体験があってのことでしょう。

それは誰にも理解されない悲しさであり、寂しさであり、怒りが混じっています

 

ですが、、、それを手放した時に良きエネルギー、良きご縁が入って来るのです。

 

閉じていては何も入ってきません。

 

そんな拳を握りしめたくなるときこそ、ぜひ開き直って欲しいのです。

 

ほんの少しで良いので、あなたが自由で入れる居場所・空間を自分で作り出して見てください。

 

きっと気づくはずです。

 

あなたの憎しみ、怒りの思いと関係なく物事はただ、そのまま進んでいきます。

 

この開き直り力ともいうべき力を手に入れると、あなたは本当にオープンになれます。

そして、たくさんの望みがあなたに寄ってくるでしょう。

 

「原先生、それはわかりましたけど、開き直ることが難しいんですよ。」

 

このようにおっしゃる方もいるかもしれません。

 

大丈夫です。

 

今、あなたが日々暮らしている環境でいきなり開き直るのは難しいのは当然です。

 

全ては小さな一歩からです。

 

今月には、「開き直り力」を開発し、受け止める環境をご用意しておりますので

まずは参加して見て、そこで小さな開き直りをして見てください

【”毒習慣”を減らす(メンタル編)】

2019年2月22日
52668753_392906238160079_8361288632153145344_n

こんにちは、原久子です。

 

前回の投稿に引き続き、今日は「毒習慣を減らす(メンタル編)」というテーマで

お届けしたいと思います。

 

前回「心と体は連動している」というテーマをお伝えしました。

 

そして、一例として「カフェイン摂取の習慣性の影響」について解説させて頂きました。

 

習慣とは本当に怖いもので、わかっていても辞められず、その習慣を辞めることに対して

思考停止のまま、改善されず放置され続いてしまうものなのです。

 

結果、その積み上げがどんどん望まぬ方向に行ってしまうものなのです。

 

これはカラダだけではありません。

 

メンタルや精神世界も同じです。

 

多くの場合、あなたの目の前で起きていることは、ほぼ全てあなたの「無意識のクセ」の

習慣の積み重ねによって起きてしまっているのです。

 

以前にもお伝えしましたが、起きている物事は何一つ変わりません。

その事象は、その事象のままです。

 

そこにあなたの「無意識」から来る思考が意味をつけるのです。

 

そして、例えば相手の悪い部分にフォーカスしてしまい、言葉が攻撃的になり、人間関係に亀裂が生じ、、、とどんどん悪循環に陥ってしまうのです。

 

これにより人生をどれだけ無駄にしてしまっていることか。

 

そう思うと、一瞬一瞬の思考のクセ・習慣は本当に恐ろしいものだと思います。

 

では、これらの思考の習慣を治すにはどうすれば良いのか。

 

様々なアプローチ方法がありますが、基本的には

 

・呼吸法の実践

・瞑想の実践

・自己認識(自分のありのままを知る)

・自己受容(自分のありのままを受け止める)

・自己開放(自分の受け入れられない部分を味わいそして解放する

 

・・・

 

といったプロセスを経ていくことで改善していきます。

 

これは実施にこのプロセスを経るとわかるのですが、考え方が180度変わります。

 

悪かった思考の癖は、完全に逆となり、良い思考習慣になって行きます。

 

この状況が作れれば、人生や日々の出来事は驚くように変わっていきます。

 

ぜひあなたも、この良き思考習慣を自然にできる状態を作って頂ければと思います。

 

それでは、また。

【”毒習慣”を減らす(カラダ編)】

2019年2月19日
52109875_391348798315823_6922383410132418560_n

こんにちは、原久子です。

 

私の元にいつも寄せられる悩みはたくさんあるのですが、その大半は「メンタル」に関するものです。当然といえば当然ですが、実は意外にも見落とされているポイントがあります。

 

今日は「メンタルの悩み」で盲点になっていることをお伝えしたいと思います。

 

私自身は瞑想・呼吸法の専門家ですので、そのやり方についてのご相談が多いのですが、

ぜひ大前提として覚えて頂きたいことがございます。

 

それが、

 

「心と体は連動している」

 

ということです。

 

言われてしまえば当たり前のことなのですが、実はこの点が意外に盲点になっています。

日常生活の中で特に見落とされがちなのです。

 

例えば

 

「コーヒー・紅茶・緑茶といったカフェインを含む飲み物の摂取」

 

これはメンタルという観点でみると非常に良いものではありません。

 

カフェインを摂取すると、基本的にカラダは交感神経(緊張状態)が優位になります。

精神的に興奮・張り詰めた状態になりますので、落ち着いた精神状況を保ちづらいのです。

 

結果、常に意識層にある感情や言葉に反応してしまい、本当は思っていない言葉を発してしまったり、イライラしたりしてしまうのです。

 

ちなみに瞑想・呼吸法は、この真逆です。

 

瞑想・呼吸法は、副交感神経(リラックス状態になる神経)が優位となり、冷静に自分の状況を見つめることや、本当の自分にアプローチができる状態を目指します。

 

瞑想・呼吸法を学んでいるのに、コーヒー・紅茶などのカフェインは摂取する。

それも習慣的に。

 

ということであれば、瞑想・呼吸法の効果は下がってしまいます。

 

カフェインは中毒性があるので、まさに毒習慣です。

 

いきなりやめること難しいと思いますし、それがストレスになってしまうのも問題です。

 

ぜひ量を減らす、回数を減らすといった無理のない方法で、この毒習慣を改善していって頂きたいと思います。

 

体から心の状態を作ることも可能です。ぜひトライして見てください。

 

それでは、また。

【感性を磨く、瞑想】

2019年2月15日
52165114_389134328537270_171797695407587328_n

こんにちは、原久子です。

 

今日は

 

「感性を磨く、瞑想」

 

というテーマでお届けしたいと思います。

 

「原先生、どういうことですか?」

 

「ちょっとわかりづらいです」というご意見もあるかと思いますが、

ぜひお付き合いいただけたらと思います。

 

突然ですが、あなたは何かを判断する時に、どこを使って判断・決断をしていますか?

 

「それは当然、頭です」

 

という方がほとんどだと思います。

 

確かにその通りです。

 

しかし、この「頭」というものが実は誤った判断に導くケースが多々あります。

 

実は脳みそというのは「過去のデータベース(記憶)」と照らし合わせて、その過去の実績をベースに物事を判断します

 

それは、危機を回避するという、人間の生物学的な側面によるものです。

 

となると、この「脳のデータベース」の質が判断に影響を与えるのです。

 

このデータベースが「否定・失敗」が多い方ほど、物事を判断する際に

どうしてもネガティブな方向に向かってしまう傾向があります。

 

それほど、脳という機能は怖い側面を持っているのです。

 

しかし、一方。感性というのは異なります。

 

脳みそだけではない、人間の様々な感覚、第6感などをベースとした、過去のデータベースによらない感性によって判断すると、これまでにない飛躍のチャンスを得ることができることも多々あります。

 

この感性を高めるためには、「脳みその無意識の奥底にある“本当の自分”」に出会い、その応援を得やすい体勢を普段から整えて置くことが重要なのです。

 

この唯一の方法が、瞑想と呼吸法です。

 

私自身、“感性”で物事を判断するようになってから、次々と理想・希望を叶える出会いやチャンスが巡ってくるようになりました。

 

あなたも理性だけではなく、感覚を研ぎ澄ませる瞑想と呼吸法を生活に取り入れ、感性の力を借りて、理想・希望を叶えて頂きたいと思います。

 

まだ今月、この感性を磨くための機会をご用意していますので、よろしかったらぜひご参加してみてくださいね。

ページトップへ