原久子コラム

【感謝とお礼の違い】

2019年6月3日
61764475_450588762391826_5251676213281292288_n

こんにちは、原久子です。

 

今日は「感謝とお礼の違い」についてお話したいと思います。

 

突然ですが、あなたはこの違い、わかりますでしょうか?

 

「感謝して、その先に行う行動がお礼でしょう?」

 

という方もいるかもしれません。

 

しかし、ここには根本的な違いが存在します。

これを理解しないと、あなたは心の底からの喜びを感じることができません。

 

この2つには根本的な違いが存在します。

 

「感謝」とは、その名の通りに「謝を感じること」なのです。

 

本当に、申し訳ないと思うほどに自分は人に迷惑をかけ、生かされているということを理解することなのです。

 

そのような状態になると人はどのように感じるか。

 

もう、何も考えることなく、相手に対して何かをせずにはいられなくなります。

 

この活動の連続こそ、本当の幸福を感じることにつながります。

 

一方「お礼」は違います。

 

何かをしてくれたことに対して、何かを提供する、という性質を持っています。

 

つまりはGIVEしてTAKEするというものなのです。

 

ここには、心の底から何かを相手に提供する、という概念が根底にある感謝とは異なる行動になっていくのです。

感謝には、相手に何かをすることに見返りを求めることなど存在しません。

 

GIVEGIVEのままにする愛情を秘めています。

 

ぜひあなたもこの「感謝」と「お礼」の本質を理解することで、心からの幸せを感じる自分に変化することができるようになると思いますので、深くこのことを理解してください。

 

それでは、また。

【承認し、承認されよう】

2019年5月29日
61278594_446756632775039_6426604133880430592_n

こんにちは、原久子です。

 

今日は多くの方が気づかずにいて、ストレスを感じやすくなっている生活の原因についてお話したいと思います。

 

これは特に日本人に多い傾向なのですが、日本は「和の国」と言われているように、調和を重んじ、周囲との関係性、同質性を大切にする民族です。

 

平たく言えば、足並みを揃えることや、まずは相手に喜んでもらうことを第一に考え、全体が調和することを大切にしている、ということです。

 

このように書くと、「日本人は素晴らしい民族である」と思えなくもないのですが、実はここに大きな落とし穴があります。

 

まだ戦後の焼け野原、物質的な欲求が満たされていないかった頃は、この原理がとてもうまく回っていました。全員で力を合わせて生活を豊かにする。この国民性が活きました。

 

だからこそ、日本は戦後急速な発展を遂げ、世界2位の経済大国になることができたのです。

 

しかし、現代においては、すでに「物質的欲求」が満たされはじめ、徐々に「誰かといること」「そこで認められること」といった精神的欲求を求めるようになっています。

 

このような中において、多くの人は相手に承認を求めますが、実は現代社会においてこの承認が満たされる、ということは極めて少ないです。

 

そして、その承認が得られない連続の日々から人は「自分には価値がないのではないか」ということを考え始め、自信喪失になり、結果自分を信じることができず、相手に自分を譲るようになりました。自分の気持ちを抑え込みながら・・・。

 

ここに大きな問題点が存在します。

 

自分で自分を否定したまま、自分が自分を承認することができないまま日々を送ると、どんなに経済的に豊かになっても心からの幸せを感じることができず、どこか空虚な、ストレスを感じる日を送ってしまうことになるのです。

 

このようなことから解放されるために、まずは「自分で自分を承認すること」から始め、

その自己承認ができてから相手に承認を求めてみてください。

 

すると、相手の反応や相手の承認がなかったとしても、心の余裕を持ち、相手を愛することができるようになり、対人関係のストレスは激減していきます。

 

ぜひ「承認してから、承認される」ということを覚えていただけると良いと思います。

 

それでは、また。

 

【感謝で満たされる爽やかな毎日】

2019年5月11日
60234429_437350267049009_166344057604276224_n

こんにちは、原久子です。

 

今日は、ちょっと心が一日スカっとした状態で始めて頂きたいと思いましたので

「感謝で満たされる爽やかな毎日」というテーマでお届けしたいと思います。

 

少し、1分だけ、今の現状の環境から一歩抜け出したと想定して想像してほしいことがあります。

 

「あなたは今、青い海と白く透明な涼しげな風がミントが香るかのように吹き抜け、太陽がさんさんと降り注いでいる中で、笑顔で、誰にでも優しくできる1日を過ごしており、そのためにもっとも重要なのは何か、と考えている」

 

このシチュエーションを想像してみてください。

 

こんな1日、本当に素敵ですよね。

 

そしてどれだけ幸福を感じることができているか。

 

今こうしてメッセージを書いている時ですら心が躍ります。

 

多くの人がお金の多寡の先、人間関係の負の感情を乗り越えた先に感じたい日のイメージは、このようなシチュエーションではないでしょうか?

 

そこには笑顔と陽が満ち溢れている。そんな環境や日々があったら、いかがでしょうか?

 

「それは素晴らしいですね」

 

という答えが返ってくることがほとんどだと思います。

 

そして、その後に感じることは

 

「それは無理なのではないか」

 

という心のささやきです。

 

しかし、この「無理なのではないか」という感情には耳を貸さないでください。

否定しなくても大丈夫です。ただ「そう思ったという自分」をただ感じるだけで大丈夫です。

 

そして、これを本当に実現するために必要なこと。

それが何かわかりますか?

 

その本質こそ

 

「瞑想・呼吸を経て現れる、感謝の気持ち」

 

です。

 

これ以外に、心の底から先程のような環境を感じることはできません。

 

いくらお金、人、社会的評価を得ても、その感覚を感じることはできません。

 

何故ならばそれらはすべて「比較」で成り立つものだからです。

 

比べてしまえば、キリがなく、また不満を抱く構造になってしまうからです。

 

しかし、あなたの心に溢れる感謝の気持ちは「比較」するものではないのです。

 

あなたが、感謝し、感謝できたと思えばそれはスッと解消されるものなのです

 

想像してみていただきたいのです。

 

あらゆるものに感謝した先にある「爽やかな毎日」を。

 

これこそ、珠玉の「幸せな日々」です。

 

もしあなたが、

 

「青い海と白く透明な涼しげな風がミントが香るかのように吹き抜け、太陽がさんさんと降り注いでいる中で、笑顔で、誰にでも優しくできる1日を過ごしたい」

 

ということであれば、その具体的な方法をお伝えしていますので、ぜひ活用してください。


【心の決算】

2019年4月19日
58379148_426051858178850_7663464430620901376_n

こんにちは、原久子です。

 

突然ですが、あなたは「会社の決算」というものはご存知でしょうか?

 

いわゆる会社の売上や経費、利益、税金などを含めてその1年の通信簿をつけて報告するものです。

 

「そんなことは知っていますよ!」

 

という声を頂くかもしれませんが、これについてもう少し掘り下げてみたいことがありましたので、メッセージをしました。

 

社会に出ると、企業はこの決算書というものを作成します。それが通例です。

 

よく振り返ってみて頂いたいのですが、生まれてから自意識が身につき、

小学校から大学まで、常に「通信簿」というものはありませんでしたか?

 

1年間の行いを振り替り、評価を受けて、フィードバックをもらう機会です。

会社に入れば評価制度によるもので個人の通信簿があります。

 

ですが、ここで質問です。

 

「あなたがあなた自身の人生に対する決算と通信簿作り」はされていますか?

 

あなたは、学校のためでも、会社のためでもなく、あなた自身の人生を生きているはずです。

 

しかし、社会に出ればそれを1年間で決算して、通信簿をつけて振り返る機会はほぼ皆無なのではないでしょうか?

 

だからこそ、多くの人は自分の人生を生きることなくストレスを抱えながら生きる毎日を送ることになるのです。

 

あなたが傷ついたこと、本当にやりたかったこと、達成できたこと、振り返ることなくしまいこんでしまった感情。。。

 

その決算をしないまま、連続の毎日を生きてしまっているのです。

 

もし、あなたが本当に人生を変えたり、今の絶対に抜け出したい環境があるのであれば、この「心の決算」は本当に必要です。

 

多くの場合、何十年もその決算をしていないため、その評価や書き出しは大変な作業ではありますが、それを終えた時にあなたは「本当の自分の価値」を正しく見つけ、認識し、自分に生きることができるようになります。

 

「心の決算」、そしてそれを見えるようにする「決算書作り」、そしてその決算書で溜まってしまった未解決の問題の解消方法、、、それを知りたいと思いませんか?

 

もし、これらをすべてまとめて行いたい方には、以下がお勧めです。

ぜひまだ「心の決算」がお済みではないかたは実践なされることをお勧めします。

 

この度「心の決算」が一気に出来るプログラムの、THE FORCEセミナーの申込締切が【4/15】でしたが、今回はまだ【数席】ご用意が出来るようです。

こちらの記事をご覧の方は、運よく、最後の滑り込みが可能となっておりますので、ご自身の心の声に耳を傾けて、「決断」されてみてはいかがでしょうか。

 

【心の決算と決算書作成と未解決問題の解消を同時に行う↓】

https://www.haraacademy.jp/seminar/s_jitsugen/the-force.html

 

※申込締切【4/20(日)】ただし満席になり次第、予告なく終了とさせていただきます。

 

それではまた。

【決断は無意識で】

2019年4月18日
57543603_423211525129550_8456966338705883136_n

こんにちは、原久子です。

 

突然ではありますが、皆さんは例外なく日常生活で誰もが行なっているある行動が存在していることはご存知でしょうか?

 

もちろん、呼吸や心臓が動くといったような、生命に関わることは除いて、という前提です。

 

「歩くこと、ですか?」

「仕事する、ですか?」

 

など、様々ご意見があると思います。

 

確かにそれは正解なのですが、そのもっと本質があります。

 

ヒントは「歩く」ことも「仕事する」も、ある種、しなくても良いことである、という点です。

 

、、、

 

いかがでしょうか?

 

それでは、答えをお伝えしたいと思いますが、その答えとは

 

「選択と決断」

 

です。

 

言われてみればなるほど、と思うかもしれません。

 

しかし、とても重要なことなのです。

 

歩くことも、仕事をすることも、すべてあなたの「選択であり、決断」であるのです。

 

人は日々、生命活動を続けている前提の上に行う行動はすべてこの「選択と決断」で成り立っています。

 

「歩く」「歩かない」も、あなたは選択できますし、「歩かない」という決断もできます。

 

「会社に行く」「会社に行かない」も同様です。

 

「選択をする」ということは、「決断する」ということと同じであり、

「何かを選ぶ」ということは「何か失う」ということと同じでもあります。

 

「歩く」ことによって、「休むという時間」を犠牲にしています。

 

この原理・原則も、とても重要なことです。

 

あなたは、必ず「何かを得て、何かを失う」ということなのです。

 

これは自然界の法則でもあります。

 

さらに深掘りして申し上げれば、その決断の多くは「あなたの無意識」によるものです。

 

意識することなく、あなたの無意識がその意思決定を行います。

つまり、あなたの無意識は嘘をつけない選択と決断をしているのです。

 

例えば、「行動をしない」ということも、「行動をしない」というあなたの決断なのです。

 

すべてがこの構造になっているのです。

 

そして、瞑想・呼吸の研究家である私のアドバイスとしては

 

「あなたの無意識の奥底にある、根拠のない心の動き」

 

というものを大切にしてほしいということです。

 

「行動をしない」というのは無意識の決断ですが、もしそこに少しでも”動いた方が良いのではないか”という心の動きがあるのであれば、その”微なる心の動き”をもっと大切に扱ってほしいのです。

 

それが、無意識の奥底にある、本当のあなたが取りたい意思の表れだからです。

 

ですから、少しでも心が反応したことは、ぜひ「行動」してみてください。

 

もし、あなたが「人生を本当に変えたい」とお考えで、心が動くのであれば、私はあなたの本当の意思に従って行動されることをお勧めします。

【ゴールなき人生のマラソンは、もう辞めよう】

2019年4月11日
56656034_419361645514538_3149940418024570880_n

こんにちは、原久子です。

 

最近の世の中の流れを見て、痛切に感じることがあります。

 

それは

 

「目的・ゴールなき人生のマラソンを無意識に走り続けている人が多い」

 

ということです。

 

あなたが今なされていること。

 

その行動にぜひ「なぜ」という疑問を5回ほど投げかけてみてください・

 

おそらく多くの方がその問いに窮するはずです。

 

もしくは「そう言えばなんでだろう」と、ハッと気づく方もいるはずです。

 

多くの方が、思考停止状態、無意識の感情の赴くまま行動をしてしまっています。

 

まるで、ゴールがないマラソンを走り続けているように私には見えてしまいます。

 

そして、どんどんと疲労を溜め、発散することもできず、とうとう道端に倒れてしまう。復活しても、また同じことを繰り返す。

 

このループの中にあなたはいるのです。

 

このループに陥ってしまう理由は様々ありますが、一つ大きな要因があります。

 

それは、あなたが「成功」を求めてしまっている、ということなのです。

 

「成功」とは、「功績が成る」と書きますが、功績とは社会的評価のつく実績です。

 

従業員が何人いる、どれだけの部下を束ねている、営業成績がトップである。

お金をもち、リッチな生活をしている。

 

これらは「誰かが決めたゴール」です。

 

しかし、そのゴールがあなたにとって正しいゴールでしょうか?

 

自らの使命に出会うことなく、毎日を生き、誰かが決めたゴールを追い続ける。

 

そこにあなたの幸せな日々はあるでしょうか?

 

本当の自分と出会い、使命を知り、そのプロセスに「成績トップ」ということを望むのであれば、それは素晴らしいことです。

 

しかし、そうではない場合、あなたはおそらく負の感情に負け、窮屈な毎日を送ることになるでしょう。

 

ぜひ、もうゴールなき人生のマラソンは1日も早く辞めて欲しいと思います。

 

あなたの使命に出会い、あなただけの人生のマラソンを走ってみませんか?

 

あなたの歩むべきルート、ゴール、使命は必ず見つけることができます。

そして、それは「瞑想と呼吸法」によって自然に導き出されるものです。

 

瞑想と呼吸法をすると、あなたの本当のゴール、どのルートを選ぶか、という着想は必ず湧いてきます。

 

あなた自身が答えを持っているからです。

 

ぜひあなたには、本当の自分に出会って欲しいと思っています。

もしその方法を知りたい方はぜひ、以下から体験してみてくださいね

 

また、本日は年に56回しかない「天赦日」です。

天赦日は日本の暦の上で最上の吉日とされており、新しい何かをスタートさせたり今まで躊躇していた事に挑戦するにはもってこいの日です。

 

迷われている方は、今日という日に一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

【自分の人生ゴールと歩むべき道を見つける↓】

https://www.haraacademy.jp/?p=1768

※申込締切【4/15(月)まで】です。

それでは、また。

【自分に嘘はつけない】

2019年4月8日
56377097_417702669013769_8332025757245112320_n

こんにちは、原久子です。

 

今日は私のお客様で普段からサポートをしている方と接する中で、改めて気づいたことを、このLINEを読んでくださっているあなたに共有したいと思います。

 

 

突然ではありますが、あなたはどのような時に不幸を感じますか?

 

 

「人から馬鹿にされた時」

「信じていた人から裏切られた時」

「自分の夢が叶わないと知った時」

「何も変わらない現実を感じた時」

 

など、人によって千差万別だと思います。

 

しかし、これまで数千人規模の方々の心の悩み、理想・希望を叶える相談に乗って得た事実があります。

 

それは、人が最も不幸を感じる時は

 

「自分が自分自身に嘘をついていることに気がついたとき」

 

です。

 

様々なシチュエーションで、人は

 

「心の奥底にある、熟々するほどの表に出せない思い」

 

に向き合うことができません。

 

その現実がどれだけ厳しい事実を自分につきつけるかを本当は知っているのに、

それを感じたくないからフタをして、目を背けます。

しかし、その「自分の心に嘘をついた」という事実を自分はいつになっても知っています。

 

そして、後で振り返ったときや瞑想をした時、自分が背けていた深い嘘にタッチした時、その時に感じる不幸感は、とんでもなく大きいものです。

 

ほとんどの方が、涙します。

 

「なぜあの時、それを知りながら自分を偽ってしまったのだろう」

 

この気持ちが、時間の後悔とともに押し寄せ、言われようのない不幸感を感じさせます。

 

 

そうなのです。

 

人は絶対に「自分」にだけは嘘をつけないのです。

 

これを放置することは、後々大きな不幸を伴って返ってきます。

 

これでは、人生を振り返る時、いたたまれなく不幸ではありませんか?

 

ですから、ぜひもう今この瞬間からは「自分に嘘をつく」という人生、習慣からは離れて欲しいのです。

 

では、そのために何をすれば良いのか?

 

答えは実は簡単です。

 

少し真反対に聞こえるかもしれませんが

 

「一度その自分の嘘に徹底的に向き合い、その事実を知る」

 

ことなのです。

 

この行動をとった時は辛いかもしれませんが、そのあとに広がる世界は、まさに雲ひとつない晴天の青空が広がったような世界に生きることができます。

 

朝起きるとなぜか気持ち良い、人によってはそれぐらい変化があるものです。

 

ぜひこの行動をとっていただきたいと思っていますが、少しだけ注意が必要です。

 

単刀直入に申しますと、「自分一人の独自のやり方でやらないで欲しい」ということです。

 

自己流でやった場合、90%以上、その辛い気持ちに飲み込まれてしまい、さらに絶望を感じてしまうと思います。

 

ですから、ぜひ正しい方法で「自分の嘘」と向き合って欲しいと思うのです。

 

もし安心して自分の嘘と向き合い、心から晴天の毎日を送りたいという方は、それをどのように行うかを私が直接皆様にお伝えしていますので、ぜひご参考にしてみてください。

 

それでは、また

【平和と感謝】

2019年4月5日
56314587_415584085892294_6076998413075873792_n

こんにちは、原久子です。

 

新しい元号がとうとう発表されましたね

 

「令和」。

 

これからの未来を象徴した元号ですね。

 

瞑想・呼吸法の専門家として、とても興味深い示唆がいっぱいです。

 

「和」という言葉がやはり入っていますが、これは本当に日本らしく、これからを生きるために大切なヒントを与えてくれています。

 

「和」を実現するために必要なもの。「平和」を実現するために必要なもの。

 

皆様は何だと思いますか?

 

きっと様々な答えがあると思います。

 

しかし、全ての根本にあるものがあります。

 

そしてその答えは「瞑想」の知見の中にあります。

 

私自身も著書の中でお伝えしていますが、その答えこそ

 

「感謝」

 

です。

 

もちろん、ここでいう「感謝」は皆様が認識しているものとは全く違います。

 

「ありがとう」を言えば、世界が和になる。

 

そのような単純な話ではありません。

 

正しく「感謝」を理解しなければ、それがなぜ平和に繋がっていくのか、ということを理解することは難しいと思います。

 

「感謝」とは、何か。

 

実はとてもシンプルです。

 

漢字のまま、その通りなのです。

 

「謝の気持ちを感じること」

 

これこそ感謝そのものです。

 

あなたは、必ず誰かの助けをもらって生きています。これは例外なく全員です。

そして、とんでもないほどの迷惑をかけています。

 

この世に生を預かった時から、誰かに食べ物を与えてもらえなければ命はありません。

そこには親の見返りのない愛情があり、来る日も来る日もその愛を受け続けていたはずです。

 

そんなことに、本当に奥底から感謝を感じたことがある人は、少ないと思います。

 

しかし、瞑想と呼吸法を通じて、この感謝を深く感じた時、あなたはどうなると思いますか?

 

「誰かのために、何かをしなければ居た堪れないほど、誰かに与えたくなる」

 

のです。これは、これまで瞑想と呼吸法をお伝えしている現場から事実と言えます。

 

つまり、自然と「利他」の行いができるようになっていくのです。

 

もしこの利他ができる人が増え続けたら、どう間違っても「和」にしかならないのです。

 

相手を受け入れ、自分を受け入れ、関わる周りのあらゆることを受け入れ、そのために与える人生を歩むこと。

 

これが、「感謝」が「平和」をもたらす最大の理由です。

 

これからの時代、物質的なもので満たされる時代が終焉を迎えます。

 

大量生産・大量消費ではなく、利他の行いを行う人間に共感が生まれ、社会が変わっていくでしょう。

 

「令和」となった現在。

 

あなたが「利他」の精神を持つことができた瞬間から、新しい時代の成幸を実現することができるでしょう。

 

ぜひ、あなたの日常に「和」があり、穏やかな日が訪れることを心から祈っています。

 

 

それでは、また。

【情報の仕入れ先を変える】

2019年4月3日
56531167_414592799324756_8060143710249156608_n

こんにちは、原久子です。

 

今日はあなたの生活・人生を大きく変える具体的な方法をお伝えしたいと思います。

 

「人生や生活を変える方法」

 

この言葉は、至る所でお聞きする方も多いのではないでしょうか?

 

本屋に行けば、この類の本は有り余るほど、所狭しと並んでいます。

 

「自己啓発」「コーチング」「スピリチュアル」「成功哲学」など、、、

 

これらのジャンルは、現在不況と言われている中でも一定の売上を維持しているようです。

 

それだけ、「人生や生活を変えて、成功したい」と潜在的に考えている人が多い証拠だと思います。

 

しかし実際、皆様の周りではいかがでしょうか?

こうした本を読んで「成功した!変わった!」という方に出会う確率は、とても低くありませんか?

 

これって、とても不思議だと思いませんか?

 

「成功の原理原則が書かれているのに、それを読んでも成功できない人がいる」

 

純粋に考えておかしなことです。

 

ここで考えられることは、2つあります。

 

1つ目は「仕入れた情報に再現性がない」ということ

2つ目は「仕入れた情報を実行に移す方法がわからない」ということ。

 

このどちらかが、人生・生活が変わらない原因だったりします。

 

もしくは、仕入れた情報に再現性がなく、かつ実行しないということもあるかもしれません。

 

これは批判をいただくかもしれませんが、原因は全て「提供者側」にあると私は思っています。

 

つまり、「提供する情報に再現性があり、偽りがないもの」を提供し、「その効果を実感し、実践できるようにする方法」まで考えて情報やノウハウとして伝えることを提供者側がしっかりと行わないのであれば、それは提供者側の問題である、と思います。

 

実際に私はこれまで4000人以上の方に「人生・生活を変える方法」をお伝えし、サポートしてきました

 

その証拠・実績は、ぜひ私の会社のホームページや動画をご覧頂ければお分かり頂けるかと思います。そこには、実際に変化された方の生の声が掲載されています。

 

ですので、私は自信を持って「人生や生活を変えることができる」とお伝えできます。

 

もしあなたが「人生・生活を本気で変えたい」と思っているならば、ぜひ

 

「情報の仕入れ先を変える」「行動してみる」ということを行なってほしいと思います。

 

また、もし、「確かに人生・生活を変える」「行動できるようになる」という両方を得たい方は、私がその両方を踏まえた情報・方法をお伝えしていますので、まずはその「正しい型」に触れてみて頂けたら嬉しく思います。


【人生・生活を本気で変える方法に出会う↓】

https://www.haraacademy.jp/?p=1768

 

【今週末開催の瞑想・呼吸セラピーで体感してみる↓】

https://www.haraacademy.jp/?p=3713

 

それでは、また。


【砂時計は進む。】

2019年3月25日
55471904_410761213041248_8314908289640955904_n

こんにちは、原久子です。

最近時代の流れが速くなっているのを強く感じる私ですが、皆様はいかがでしょうか?

 

技術の進歩、価値観の移り変わり、人生100年となったことによる人生観の変化、要因は様々だと思います。

 

あなたは、そんな中にいて何を感じるでしょうか?

 

不安、焦り、正体のわからないモヤモヤ、これもまた様々でしょう。

 

しかし、そのような感情を一旦置いて頂き考えて欲しいことがあります。

それは、昔も今も変わらず

 

「人は限られた時間を使い、生きている」

 

ということです。

これは変わりません。

 

人はそれぞれに砂時計が与えられています。

人により長さは異なりますが、時間の有限性は変わりません。

 

となれば、その時間をどのように豊かに生きるかに真剣に向き合った方がより良い人生を送ることができます。

 

しかし、そこに向き合うことが難しいという方もいると思います。どうしても抑えられない感情、怒り、自己否定の念が邪魔をしているはずです。

 

そんなあなたにぜひ心からお伝えしたいことがあります。

 

それが、「あなたに向き合う時間を強制的に作って欲しい」ということです。

ほんの数時間で構いません。

 

あなたに心から向き合う時間をスケジュールに入れて欲しいのです。

そして、心の中にいる自分と向き合って欲しいと思います。

 

もちろんなかなかそれができない方もいらっしゃると思います。

そのような方は、ぜひ以下の機会を利用してみてください。

 

私があなたの心に向き合う環境と時間をご用意させて頂きたいと思います。

ページトップへ