丹田呼吸法は万人に有効なメンタル維持方法~丹田呼吸法と瞑想の試みで潜在意識に働きかける~

ストレスと闘う毎日に丹田呼吸法を取り入れてみよう

ストレスと闘う毎日に丹田呼吸法を取り入れてみよう

日々、周りの環境が目まぐるしく変化し、誰もが何らかのストレスにさらされる機会が多い現代社会。個々がストレスと無縁な生活を送るには、なかなか難しいものがあります。ストレスは人の体のあり方にまで影響を及ぼすケースも多々あり、現代人は様々な悩みを抱えて生きています。

丹田呼吸法は、呼吸を用いて自分の内側に意識を向けることで、お腹を意識した深い呼吸を体に定着させる有効な方法です。無意識に狭くなりがちな視野を広げ、自身の体をコントロールしやすくする効果が深い呼吸にはあります。

【H・M・A株式会社】では丹田呼吸法や瞑想を通して、心と体を健康に導くお手伝いに取り組んでおります。

丹田呼吸法と瞑想の取り組みはゆったりとしたメンタル維持に効果的

丹田呼吸法と瞑想による取り組みは、メンタル維持に適した方法です。意識的にゆったりとした気持ちを持つよう心掛けると、毎日のルーティン作業をこなすことに追われている間には気付けない自分の希望、あるいは不満といった「本音」にずっと気付きやすくなります。ゆったりとした気持ちを持つには、丹田呼吸法と瞑想による自身の内面に目を向ける取り組みが効果的です。

瞑想によって視覚から得られる余計な情報源を断ち、丹田呼吸法で自身の体と内面にフォーカスすることで気持ちを落ち着けます。慌ただしい日々の中に紛れてしまいがちな自分の本心に気付くきっかけを作りましょう。

丹田呼吸法と瞑想で意識の大部分を占める「潜在意識」に呼びかける

丹田呼吸法と瞑想で意識の大部分を占める「潜在意識」に呼びかける

丹田呼吸法と瞑想は継続することで、体内のわずかな変化や心の動きに気付く習慣が定着し、「潜在意識」の書き換えにも効果を発揮します。

意識には「顕在意識」と「潜在意識」があり、その大部分は「潜在意識」に占められています。「顕在意識」は自分が自覚できる意識ですが、一方の「潜在意識」は自分では全く自覚のない意識です。しかし、人は「潜在意識」に多分に影響を受けて生活をしています。

例えばスポーツ選手のメンタル維持法に「潜在意識」を利用したトレーニングが取り入れられていますが、これは一般人にも応用可能です。世間体を意識しすぎて苦しい思いをしている人は、不必要な心の縛りに囚われがちな「潜在意識」の書き換えを行い、自分を解放させるイメージを定着させることで自分の心を癒せます。

丹田呼吸法や瞑想に関するご質問などは【H・M・A株式会社】までお問い合わせください。

お役立ちコラム

丹田呼吸法を学びたい方は【H・M・A株式会社】へ

社名 H・M・A株式会社(旧:原アカデミー)
住所 〒167-0053 杉並区西荻南3-8-16-805
TEL 03-3335-1170
URL https://www.haraacademy.jp/
ページトップへ