瞑想とヨガで得られる深い呼吸やヒーリングの効果~瞑想(メディテーション)とヨガの習慣化で自分を見つめ直す~

瞑想とヨガの魅力は高いヒーリングの効果

瞑想とヨガの魅力は高いヒーリングの効果

瞑想ヨガは自分の内面に向き合う方法として、男女問わず幅広い世代で取り入れられています。

仕事やプライベートにフル回転で忙しく、時間をとる余裕がないようなときほど、瞑想とヨガの習慣を大切にする傾向があります。その理由として、実行することで感じられる高いヒーリングの効果などが挙げられます。

瞑想(メディテーション)とヨガのヒーリング効果はどのような経緯で得られるものなのか、【H・M・A株式会社】ではセミナーを通してお伝えしております。生活に取り入れたいとお考えの際は、お気軽にお問い合わせください。

※【H・M・A株式会社】では、ヨガの教室は行っておりません。

ヨガで心・体の柔軟度を上げて瞑想(メディテーション)で心の平和を取り戻す

ヨガで心・体の柔軟度を上げて瞑想(メディテーション)で心の平和を取り戻す

ヨガはゆっくりとしたペースで、日常生活ではとることのないポーズをあえてとります。その意味は、普段使うことのない体の部位に意識を向け、全身を通じて自分が今どのような状態にあるのか、確認することが目的です。

日々習慣化することで徐々に体の柔軟度が上がり、さらに思考の柔軟化や凝り固まった発想の転換にも役立ちます。

また、ヨガは本来ヨーガ(宇宙意識と自分を結ぶ)という意味でした。本来は瞑想を長時間行う為のポーズで、聖なる存在と自分を結びつけるためのものでした。現在では、エクササイズとしてのヨガが注目されていますが、そもそもは瞑想(メディテーション)を行う為に生み出されたものです。

そして瞑想(メディテーション)には、心の平和を取り戻す役割があります。目を瞑って視覚情報を遮断、意識を普段の時間の流れと切り離し、ゆっくりとした呼吸に集中することで慌ただしく動き回る自意識を落ち着けます。

意識が広がると、「あの人は自分を責めている」「こうでないといけない」といった普段無意識に陥っている被害妄想や視野狭窄に気付き、解消させる効果があります。

瞑想とヨガの共通点は呼吸を大切にすること

瞑想とヨガはセットの取り組みとして扱われることも珍しくありませんが、この2つはゆっくりとした深い呼吸を大切にすることが共通のポイントです。普段の呼吸は胸で行うことがほとんど。ストレスがかかると肩で呼吸する場合もあります。

呼吸を体の中心にあるお腹を意識したものに切り替えることで、慌ただしい日常の中で自身から離れてしまいがちな心を自分の中心に戻せます。落ち着いた毎日を過ごすために、呼吸を意識することは大切なのです。日常生活に役立つ呼吸や瞑想を取り入れたいときは、【H・M・A株式会社】までご連絡ください。

お役立ちコラム

瞑想・ヨガに興味をお持ちなら【H・M・A株式会社】へ

社名 H・M・A株式会社(旧:原アカデミー)
住所 〒167-0053 杉並区西荻南3-8-16-805
TEL 03-3335-1170
URL https://www.haraacademy.jp/
ページトップへ